武豊が前人未到JRA平地GIレース「完全制覇」のラストチャンスに奇策で挑む!?

「矢作先生の考えもあるでしょうが、武は朝日杯に並々ならぬ思いがあるはずです。なにしろ、朝日杯で勝てば、前人未到のJRA平地GIレースの完全制覇を成し遂げることができます。昨年は1番人気のエアスピネルに騎乗し、ゴール前50mでリオンディーズにかわされ、惜しくも2着と悔しい思いをしました。それに、来年は春の天皇賞のステップレースだった大阪杯がGIに昇格することが決まり、暮れにはもう一つ2歳のGIレース新設を申請中です。このため、“完全制覇”の称号を得るハードルが、来年になった途端に再び上がることになり、武にとって今年の朝日杯は昨年にも勝るモチベーションで挑む舞台なのです」(同)

今年の2歳馬は、牡馬より牝馬の方が強いともっぱらの評判だ。武ならば牝馬で“完全制覇”もあり得るかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

※ まだ空腹我慢してるの!? 芸能人も実践する「頑張らないダイエット」-Sponsored-

※ 競馬界の隆盛も担いかねないテレ東の鷲見玲奈アナの人気急上昇ぶり

※ JRA16年ぶりの女性騎手の順調なデビューとこれからの課題

※ JRA新馬戦で散見された「ルーラーシップの仔」の気性難