西野七瀬が“ちぃぱい”コス!準主役の薬剤師ドラマで大サービス!

西野七瀬 

(C)まいじつ 

元『乃木坂46』の西野七瀬が、フジテレビ系4月期の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』に出演する。同作は薬剤師にスポットを当てた異色のドラマだ。

「キャストは徐々に発表されてきましたが、西野は石原さとみに次ぐ準主役級。本邦初の薬剤師ドラマというフレコミなので、西野も大きな注目を集めています。石原が主演ということで、ひとまず高視聴率が望めるでしょう。当然、西野も視聴率アップのキャストとして期待されていますよ」(テレビ雑誌編集者)

西野は2011年、乃木坂の第1期生オーディションに合格。その後、ファッション誌のモデルとしても活動してきた。8thシングル『気づいたら片想い』などで乃木坂のセンターを務め、18年に卒業。現在、『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)のMCとしても活躍している。

「乃木坂の卒業組では、最も成功している1人とされます。飛び抜けた美人というワケではありませんが、そこが女性ウケもするみたいですね。親近感のある等身大の魅力という感じです」(同・編集者)

 

その筋のファンから圧倒的支持を

乃木坂出身だけに、もちろん男性人気も高い。

「身長159センチ、推定バスト78センチのAカップ級です。乃木坂のときは〝ちぃぱい〟ファンから圧倒的な支持を得ていました。男性誌の〝微乳ランク〟でも1位になったほど。パットや加工で盛ったグラビアはありますが、本物の微乳水着写真も数多く存在します」(芸能ライター)

乃木坂在籍時に女優としてテレビ東京のドラマ『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』に主演。深夜ドラマながら、なかなかの評価を得た。

「ビデオから出てきた美少女・天野アイ(西野)が、ビデオを再生した高校生と恋仲になるという話ですが、感情に起伏のない無機質さがオタクに大ウケました。ビデオガールという設定上、美微乳というのがドンピシャにハマッた形ですね」(同・ライター)

薬剤師ドラマでは、コスチューム越しの〝ちぃぱい〟が大いに話題になりそうだ。

 

【あわせて読みたい】