友近『R-1』優勝者に不満? 審査結果に視聴者疑問「上沼恵美子と同じ」

友近 

(C)まいじつ 

『R-1ぐらんぷり2020』(フジテレビ系)が3月8日に行われ、生放送された。『マヂカルラブリー』の野田クリスタルが優勝を果たし、賞金500万円を獲得したが、一方で、審査員として出演した友近の野田に対する振る舞いが話題に。「もしかして嫌ってる?」と疑う声が出ている。

優勝決定後、審査員が総評を述べることに。関根勤は「『M-1(グランプリ)』で怒られたから、よかったね」と、野田がかつて『M-1』で上沼恵美子から怒られたことをイジッた。野田は「いいこともあるんだなって思いました」と答えた。

ここで友近は突然、上沼のモノマネを披露。「優勝したから、あんたふざけ過ぎやし!」と声をマネながら一喝すると、思わず野田は苦々しい表情を見せた。

 

審査員の中で唯一1票も入れず…

この日の審査方法はdボタンによる投票ポイント、ツイッターの投票ポイントに加え、審査員6人(友近、勝俣州和、陣内智則、桂文枝、久本雅美、関根)の投票で勝者を決めるシステムだった。すゑひろがりず南條、大谷健太、野田が争ったファイナルステージの審査結果を見ると、dボタンの投票ポイント、ツイッターポイントではいずれも野田がトップを記録。1人3票を投じる審査員投票では、関根、久本が3票を野田に入れていた一方で、友近は南條に1票、大谷に2票を投票。野田には1票も入れていなかった。

さらに1つ前の予選でも、友近は守谷に1票、SAKURAIに2票を投じ、野田には入れていない。この日、審査員6人の中で唯一野田に票を入れなかった友近に対し、視聴者からは、

《しかし友近さんは何なん? 野田さんのこと嫌いなの??》
《この参加者の中で予選も本戦も1票も入れないとか考えられないんだけど》
《友近さんは上沼さん同様、野田クリスタルに1票も入れてません》
《友近が野田クリスタルに入れないのわろたw やっぱ上沼恵美子と思考も似るのだろうか》
《友近は野田のことを気に入ってなさそう。上沼と同じ。1票も入れてないしラストの番組最後のコメントでよく分かる》

などといった声が上がっていた。

見事優勝を果たした野田だが、今後は友近を納得させる活躍を見せられるだろうか。

 

【あわせて読みたい】