『とくダネ!』小倉智昭“番組名物”セクハラ連発に呆れ声ズラズラと…

小倉智昭 

(C)まいじつ 

3月9日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、メインキャスターの小倉智昭がまたも〝セクハラ発言〟を連発。もはや番組名物ともいえる光景に、視聴者からは呆れ声が続出した。

問題の発言が飛び出したのは、放送前日に開催された『名古屋ウィメンズマラソン』で優勝し、東京オリンピック女子マラソンの代表に内定した一山麻緒選手と中継を結んだ場面だった。

スタジオ出演者は名古屋市内の一山選手に映像越しでインタビューを行い、優勝の喜びやオリンピックへの意気込みを質問。一山選手もニコやかに答えていき、そのムードはかなり温かいものだったが、小倉は「いやぁ~若くてかわいいねぇ(笑)」と、何やら怪しげな雰囲気を漂わせ始める。

そしてインタビュー終盤、上機嫌の小倉は「僕、去年の東京マラソンで見たときに、一山さんの脚を見てね。ものすごくいい脚をしてる! 普段から脚がキレイだって言われると思うんですけど」と言い始め、一山選手とスタジオからは引き気味の笑い声が。さらに、「日本人選手でああいうタイプの脚をしている選手ってなかなかいなくて、エチオピアだとかアフリカの選手が、ああいうスラーっとした脚で強い選手が多いんですよ」「だからそういう選手になってくれるんじゃないかと僕は思って、ずっと脚を応援してました!」と続け、カメラも小倉の発言に合わせて一山選手の下半身へとアングルを下げ始めた。

 

「気持ち悪い」「セクハラオヤジ」と大ブーイング

中継終了後も、小倉は「あぁ~いい雰囲気のお嬢さんだった」とニンマリな表情を浮かべ、一山選手にメロメロの様子。しかし、デレデレした態度と執拗な〝脚〟への執着は、ネット上で、

《とくダネで小倉氏の女性マラソン選手へのキモい発言に朝から吐き気がした…》
《小倉さんスケベ心丸出し》
《セクハラやめろ! 周りはちょっと困った感じでアハハ、気味悪い》
《とくダネの小倉のキモさに気付いてしまった 考え方がお爺ちゃーん》
《爽やかさがあればいいと私は思うよ 小倉さんは脚を褒めていただけで何かイヤらしさがあった》
《若くてかわいいねえ、、とか脚がキレイ、、とか… 何か気持ち悪い》
《足キレイ足キレイ気持ち悪い どこ見てんだよ セクハラだよ》

など、呆れた感想を続出させていた。

「小倉のセクハラ発言はもはや番組名物で、挙げればキリがありません。18年、海外でセクハラ告発『Me too』運動が盛んになり、ゴールデングローブ賞授賞式に出席した映画業界関係者の多くが、抗議の意味を込めた黒い服装で参加したことがありました。『とくダネ!』もこのニュースを報じたのですが、小倉は『セクハラはダメですけど、女優さんに(胸元の開いたドレスで)あんなに胸を強調されたら、男の人もたまりませんよねぇ…』と、何とセクハラに理解を示したのです。14年には、女子高生にサービスをさせる『JKコミュ』と呼ばれる店の経営者が逮捕されたニュースにて、『頭なでなで』『全身クンクン』といったオプションがあったことを読み上げる木下康太郎アナウンサーに、『興奮してきた』と上ずった声で目を輝かせていました。違法サービス店摘発のニュースにおいて問題意識を持つどころか、そんなハレンチなことまで言うなんて、欲望に忠実過ぎて呆れる他ありませんでしたね」(芸能記者)

賛否あれど、小倉には肩肘張らないこの等身大な姿勢をズラズラこれからも発揮してほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】