佐々木蔵之介“京ことば”でジャニーズを強烈ディス「ウザかったのかな?」

佐々木蔵之介 

(C)まいじつ 

『ジャニーズWEST』の重岡大毅が、女優・吉高由里子らとともに3月11日放送の情報番組『バゲット』(日本テレビ系)に出演。重岡が同系ドラマ『知らなくていいコト』で共演している俳優の佐々木蔵之介からVTR越しで〝イジられた〟のだが、視聴者は佐々木の〝含みのある言い方〟を「遠回しのイヤ味?」などと憶測しているようだ。

11日に最終回を迎えた同ドラマの宣伝のため、この日にゲスト出演した重岡。和気あいあいとトークを展開していく中、「重岡の意外な素顔」に迫るべく、共演者が出演するVTRへ。ドラマ内で重岡や吉高が働いている週刊誌の編集長役を務めている佐々木は、重岡について「アイドルとしての意識を持った方がいい」と提言。「(重岡は)どうしても、いまだに笑かした方がいいと思ってる。やっぱり関西の小学校・中学校の域を超えてない」とチクリ。

佐々木の発言に重岡は、体をのけぞらせて大笑いすると、「中学生か、俺」と嘆息する。番組アナウンサーから「これはもう重ちゃんに言っているというよりも、『ジャニーズWEST』全体に言われているような感じ」とツッコミが入ると、重岡は「現場でもずっとイジられてるんですよ…ありがとうございます」と言い、照れくさそうに笑っていた。

 

かつて広瀬すずにもチクリ…

大物俳優との気の置けないやり取りに、ファンからは、

《アイドルの自覚を持ってって言われる最高のアイドル、重岡大毅》
《仲良さそうでほっこりしちゃう》

などなど、喜びの声が多く上がった。しかし一方でネット掲示板からは、佐々木の指摘を、

《褒めてないよね…?》
《笑わそうと頑張っても、小中学生レベルのギャグだってdisられてるね》
《ガキんちょのつまらないギャグってことでしょ》
《佐々木キツいなw よっぽどウザかったのかな?》
《普段思ってることをイジった風に言ったんじゃないかな? つまり遠回しのイヤ味?》
《佐々木さんが言っていることが本当なら、重岡さんは空気が読めていなかったんじゃないかと思う》

などと分析する声が続出している。

「佐々木の実家は、洛中にある蔵元『佐々木酒造』で、彼は〝生粋の京都人〟です。一見上品で控え目だが実はとんでもない皮肉やイヤ味を含んだ〝京ことば〟を操ることは容易でしょう。2015年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の『食わず嫌い王決定戦』で広瀬すずと対決し、広瀬がかの有名な〝スタッフ軽視発言〟を繰り出した際は、『ぼくは自由に話す子を見れて楽しかったです』と一言。身も震え上がる強烈な〝京ことば〟を繰り出していますからね」(芸能ライター)

関西出身の重岡なら、佐々木のイヤ味に少しは勘付けたかもしれない…?

 

【あわせて読みたい】