板野友美“9頭身パーフェクトボディー”に騒然「ギャグだよね…?」

板野友美 

(C)まいじつ 

元『AKB48』の〝ともちん〟こと板野友美が3月12日、自身のインスタグラムを更新。伊豆旅行でのオフショットを公開したところ、その〝圧倒的な等身〟にネット上では衝撃を受ける声が続出している。

去る2月、静岡県・伊豆へ女子二人旅に出掛けたという板野。12日の投稿では《2月に行った伊豆温泉の帰りに #伊豆の国パノラマパーク 寄って帰ったよ 太陽と空気と自然を堪能》と明かしていた。また同日の別の投稿では、絶景をバックに私服姿をアップ。ラベンダー色のパーカーに、ボリューム感たっぷりの白いロングスカートを合わせ、グレーのチェック柄のチェスターコートを羽織った春らしい色合いのコーデを披露した。旅行を満喫するためだろうか、足元はスポーティーなスニーカーを着用している。

絶景をバックにした爽やかなポストに、元『AKB48』でモデルの篠田麻里子からは《景色最高》とのコメントが寄せられている。

一方、ネット上では板野の〝頭身〟が「スゴ過ぎる」と話題になっているようで…。

 

顔はめ看板みたいな仕上がり…

「12日には、撮影角度の異なる写真が5枚ほど公開されていますが、正面を向いている写真が物議を醸しています。というのも、なぜか他の写真よりも顔が〝グッ〟と小さく、身体の大きさとチグハグな状態になっているのです。リンボーダンスのように背中をそらして遠近感を演出しているのか、はたまた本当にこの等身なのかと、モヤモヤする人が続出しています」(芸能ライター)

実際にネット上では、

《頭身欲張り過ぎだろw》
《まさかの9頭身!?》
《足伸ばし過ぎて後ろの山も伸びちゃってるよ~》
《こんなに加工して恥ずかしくないのかな 惨めにならないのかな》
《いつも修正とか加工とか気付かない私が一瞬で気付いたこの違和感》
《加工クソワロタ ギャグじゃなきゃ病気だよ》
《顔はめ看板みたいになってるwww》

などと、写真の〝加工〟を疑う声が続出。また、加工するにしても板野の美的センスを問う声も相次いでいるようだ。

かつて人気モデルの中に並ばされ、〝公開処刑〟を受けたことのある板野。その傷が今もズキズキと痛んでいるのかもしれない…。

 

【あわせて読みたい】