放送事故!? 『とくダネ』古市憲寿氏のマジギレ生中継に視聴者アゼン…

古市憲寿

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月12日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)にて、レギュラーコメンテーターの社会学者・古市憲寿氏と、ゲストコメンテーターの医療ジャーナリスト・伊藤隼也氏が〝大口論〟を繰り広げた。

番組はこの日も、新型コロナウイルスに関するニュースを冒頭からクローズアップ。東京オリンピック組織委員会の理事が大会延期の可能性に触れた件を扱い、伊藤氏はオリンピックとコロナウイルスの関連について「現実の、リアルなデータが出てこないといけないので」と額にシワを寄せながらコメントした。

さらに伊藤氏は「(オリンピックは)やってほしいです。でもね、無理だと思ったら撤退するのもね、世界のために僕はなると思ってる」と、延期を念頭に熱弁。

すると古市氏は間髪入れず「でも、伊藤隼也さんがデータとか言っても、ちょっと何か信じられないのは、何かインフルエンザワクチンとかにも反対してるじゃないですか?」と突然かみつき始め、伊藤氏もかぶせ気味に「僕はインフルエンザワクチンには反対してないです」「僕がこういう場でインフルエンザのワクチンに反対してるって言ったことがないので」と反論した。

 

不毛な議論にMC小倉智昭も仏頂ヅラ…

しかし、古市氏は食い下がる姿勢を強め、「ツイッターで言ってましたよね?」「効果がないってことを言ってましたよね?」と頭に血を上らせて応戦。伊藤氏も頭から湯気を立てたように「ツイッターでインフルエンザのワクチンに反対してるとは言ってません」「僕はやらないと言ってるだけです。効果がないとは言ってないです」と抗言し、不毛な水掛け論がどんどんと激しさを増していった。

もはや2人は互いに毛ほども譲らず、古市氏が「だからちょっと伊藤さんの言うデータ、科学的っていうのはちょっと分かんないですけど」と切り込むと、伊藤氏が「僕は治療現場から話を聞いてるんで、古市さんみたいに何のデータもないところで『安全だ』と言う方が問題だと思います」と怒髪天の大バトル。

その後も、「僕ももちろん根拠があって言ってますけど(古市)」「じゃあどんな根拠ですか? 言ってください(伊藤)」「それこそ専門家会議で発表された情報…(古市)」「専門家会議はちゃんと言ってますよね?『4日が2日になって、翌日でもいい。PCR検査が必要だ』。根拠だとおっしゃるんであれば、古市さんの言ってることは…(伊藤)」「PCR検査が必要ないって僕言いました?(古市)」「PCR検査、多くの人が必要ないって…(伊藤)」と収集がつかず、伊藤利尋アナウンサーが「ちょっとお2人いいですか?」と割って入ったことでようやく打ち止めとなった。

まるで紛糾した会議のように声を荒げる光景は、ネット上で大きな話題に。バトルの模様が《面白かった》という感想や、《よく言った》という古市氏への称賛がズラリと並んだ。

ちなみにMCの小倉智昭は、2人の激論をよそに、仏頂ヅラで前一点だけをジッと凝視。あまりに不毛でバカバカしかったため、仲裁する気が毛頭起きなかったのだろう。しかし内心は「頭を冷やせ!」と怒り心頭だったに違いない。

 

【あわせて読みたい】