『関ジャニ』横山裕へのメンバーの仕打ちに「イジメにしか見えない」

横山裕 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『関ジャニ∞』横山裕が3月15日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)の収録を欠席した。横山以外のメンバーは出演したが、番組中のあるやり取りに横山ファンが反応。「イジリがヒド過ぎる」と指摘している。

この日の番組はボイストレーニングがテーマ。昨年12月の放送では、ボイストレーナーの安倉さやか氏がメンバーの声の出し方を4タイプに分類。横山は分類の診断を受けることを断っていた。

横山不在のこの日の収録で、安倉氏は細めのストローが歌のトレーニングに効果的だと紹介。ストローを落とさない程度に口で軽くくわえ、鼻をつまみ、地声と裏声を交互に出す練習を勧めた。直後に地声を出すと、一同の声は大きく鳴り響き、メンバーやゲストの山本彩、『サバンナ』高橋茂雄らは「軽く(声が)出る!」と歓喜していた。

この他〝裏拍〟のリズムを取る練習も実演。声量、リズムの練習をこなした関ジャニメンバーは満足げな表情を見せた。

 

番組欠席の横山に「言わんとこうぜ!」

番組は、昨年12月から大倉忠義がボイストレーニングに通う光景も公開。進行役の村上信五は大倉の歌声が良くなったとし「あんまり、でもお前、先に走り過ぎたら、横山さん泣いてまうぞ!」 とジョーク。「泣いたらちゃんとストロー渡してあげてや、頼むで」と続けた。

安田章大は「楽屋に常にストローを置いて、『何でみんな、ストロー置いてんねんやろう』って、横山さんが気付き始めたら…」と口にすると、レギュラーの俳優・古田新太は「横山には言わんとこうぜ!」と、ストローを用いたボイストレーニングの方法は秘密にしようと呼び掛け。メンバーは笑いながら同調していた。

冗談交じりのやり取りだったが、横山ファンからは心配の声が上がることに。

《関ジャム最後の横山さんへの歌いじりは笑いで済まされるのが分からない》
《もしあのときいじられてるのが他のメンバーで横山さんがスタジオにいたら絶対フォローに入ったと思う》
《最後の横山さんいじり いじめにしか見えなかった》
《番組でこういうイジり方をしている以上、横山さんの苦手意識はなくならないと思います》
《仲間のはずの人たちに笑われてたらそりゃ苦手意識しみつくよ》
《横山さんのこといじわるなんかしないで 横山さんもどんどん歌唱パート増えますように》

どうやら〝関西ノリ〟が通じなかったようだ。

 

【あわせて読みたい】