工藤静香“インスタお料理教室”に厳しい声「砂場のおままごとみたい」

工藤静香 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

歌手の工藤静香が、3月16日に自身のインスタグラムへ投稿した写真が話題を呼んでいる。この日の工藤は得意の手料理を披露。「バターなしミニタルト!」と称し、手作りタルトの写真をアップした。

全粒粉、豆乳、オリーブオイルを材料に生地を作り、ジャムやチーズを乗せて食べる一品のよう。工藤は《タルトを軽く焼いて、ジャムを入れ更に焼いてもとっても美味しいです。さっぱりタルト この中にクリームチーズ、ハム、トマトを乗せたり、色々アレンジできます!》などと、レシピやアレンジも投稿。最後に《タルトは自宅用なのでラフです》とつづった。

 

一番奥の物体は泥?

工藤が公開したお菓子のレシピにファンは大喜び。

《ミニタルト、めっちゃおいしそう~》
《娘さんたちとのトッピングは笑顔あふれる時間ですね! 私も参加したいなぁ》
《休みの日にかわいいタルト作り。私も食べたーい》
《おいしそうなさっぱりタルト、かわいい。あーん、しているしーちゃんが見たい》

など、絶賛のコメントが相次いだ。しかし匿名掲示板からは、

《何でいつもおいしそうに見えないんだろう…》
《また砂場のおままごとみたいになってる》
《何でだろ…毎度毎度まずそうに見えるのは。作り方が雑過ぎるのかな》
《ジャムの入れ方が汚い。世の中に発信するなら、もっと見た目に気を使えばいいのに。そして一番奥の褐色の物は泥?》

などと、見た目の悪さを厳しく指摘する声が…。しかし定期的に開催される〝しーちゃんのお料理教室〟のファンもいるようで、

《出来栄え28点くらいの料理を世界に発信する度胸は本当にうらやましい》
《なぜいつも期待を裏切らないの? わざとやってるのかと思うくらい期待通りだからついついチェックしてしまう》

など、皮肉めいた声も上がっていた。

先日、ニンジンとゴボウを揚げ焼きした〝おやつ〟を投稿したときにも散々たたかれてしまった工藤だが、今回もアンチの期待を裏切らないデキだったようだ。

工藤は翌17日にも、手作りのハリハリ漬けを投稿。とにもかくにも期待を裏切らない姿勢はスバラシイ。

 

【あわせて読みたい】