実写版『弱虫ペダル』伊藤健太郎に衝撃!? 「原作と違い過ぎる…」

伊藤健太郎 

(C)まいじつ

『King&Prince』(キンプリ)の永瀬廉が主演を務める映画『弱虫ペダル』(8月14日予定)のキービジュアルが公開された。

同作は『週刊少年チャンピオン』で連載中の漫画が原作。どこにでもいる普通のオタク・小野田坂道(永瀬)は、秋葉原までの電車賃を浮かすために往復90キロをママチャリで走破するほどの驚異的な〝脚力〟の持ち主。ある日、同級生で自転車競走部の今泉俊輔(伊藤健太郎)が、傾斜のキツイ〝激坂〟を、鼻歌を歌いながら登る小野田の姿を目撃。小野田にロードレーサーとしての才能の片りんを感じ、ともに全国を目指していく…という青春スポーツストーリーとなっている。原作の発行部数は累計2500万部を突破する大人気漫画だ。

「この手の実写化は、必ずキャスティングに不満が出てしまうもの。主人公は、おかっぱ頭に丸メガネ、いわゆる〝オタクっぽいオタク〟の風貌であるため、王子様キャラの永瀬が演じることが発表されると反発の声が殺到。ビジュアルに大きな不安を残していました」(芸能ライター)

しかし、先ごろアップされたキービジュアルが公開されると一転、《意外とアリ》《うまくオタクっぽくなっている》など、好評の声が散見されているようだ。

 

伊藤健太郎のコレジャナイ感にガッカリ

そんな中、意外にも不満の声が続出したのは、今泉役の伊藤。今泉はクールなイケメンキャラなのだが、伊藤扮する今泉について、ネット上では、

《何か今泉の方が陰キャっぽいな》
《今泉は何でかわいい系なんや 小野田より配役考えるの簡単やろ》
《今泉役の伊藤健太郎さんの伊藤健太郎感が強過ぎる》
《今泉くんなんて跡形もないw 演じてる伊藤健太郎くんそのまま笑》
《原作と違い過ぎる…今泉感ゼロ…》
《キンプリの子の小野田くんより伊藤健太郎の今泉の方が無理過ぎる 違い過ぎる》
《弱泉がホンマに弱そう》

などと、ショックを受ける声が多く上がっている。しかし、これでもまだ序の口のようで…。

「実写化最大の難関、巻島先輩のキャスティング発表がまだなのです。巻島先輩は、〝タマ虫色〟のような派手な緑色に染めた上から、赤や黄色のメッシュを入れたロングヘアの持ち主。語尾に『~っしょ』が付くなど、内外ともにかなり現実離れしたキャラクター。これを実写化すると、〝事故が起きる〟のは間違いないでしょう」(同・ライター)

キャストは2人以外だと、寒咲幹役を橋本環奈が演じることが発表されている。今後届けられる続報にも注目していきたい。

 

【あわせて読みたい】