東出昌大“謝罪会見”大失態!「唐田さんは好き?」の質問に固まって…

東出昌大

(C)まいじつ

俳優の東出昌大が、3月17日に行われた映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』の公開直前イベントへ登場。イベント終了後、囲み取材に応じ、女優・唐田えりかとの不倫騒動を謝罪した。

東出が公の場に姿を現したのは、今年1月に行われたドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)の完成披露試写会以来63日ぶり。そのため会場には多くの報道陣が押し掛けた。

東出はまず「このたびは、お仕事の関係者のみなさまに多大なるご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした」と謝罪。そして「これ以上、妻を傷つけたくはありません。お答えできることには限りがあると思います」とコメントし、深々と頭を下げた。

女性リポーターから「唐田さんが好きですか? 杏さんが好きですか?」と聞かれると、しばらく考えるように深くうつむきながら「…申し訳ございませんが、お相手のこともあるので、また、私の心の内をここで話すことは妻を傷つけることになるので話せません」と答えた。

 

杏をこれ以上怒らせないように…

さらに「なぜ過ちを起こしてしまったのか?」という質問には、「仕事においても私生活においても、おごり、慢心、そのようなものがありました。本当に自分勝手でした」と説明している。

「杏とは1時間ほど話し合ったようですが、2人の関係が修復されるのか、このまま離婚してしまうのかは最後まで明かされませんでした。東出にしてみれば自分の願望を口にして、これ以上、杏の怒りを買わないよう細心の注意を払っていたように思います」(芸能記者)

恐らく東出は内心、家庭に戻りたいと熱望しているのだろう。しかし憔悴した様子の彼は、その言葉を口にできない様子だったという。

「さすがに現在は唐田と別れ、会っていないことは明かしています。ですが東出からは〝妻から許してもらっていない〟という雰囲気をひしひしと感じました。杏の計らいで、子どもたちとは『毎晩のようにビデオ通話している』とのこと。子どもを突破口にして、妻からの許しを請うしか復縁の道はないと思わせる会見でした」(同・記者)

果たして、東出の謝罪の様子を杏はどのような気持ちで見ていたのだろうか。2人の今後の動向に注目だ。

 

【あわせて読みたい】