『ボンビーガール』森泉“DIY企画の費用”発表も「人件費無視かよ!」

森泉 

(C)まいじつ 

3月17日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で、森泉の住宅リフォーム企画が終了した。番組側はDIYした費用の総額を明かしたが、これに視聴者が反発している。

森は、三軒茶屋駅から徒歩圏内、風呂なしの築56年の2階建て物件を507日かけてリフォーム。この日放送されたロケでは、劇団ひとり、水卜麻美アナがリフォーム済みの家を直接訪問、森の案内のもと、一軒家を内覧した。キッチンやロフト、ユニットバスや豊富な収納を備えているこの物件に、2人は「日本の将来の住宅事情を変えちゃうんじゃないか、ってぐらい」「テンションが上がる」などと絶賛した。

 

リフォーム費用234万円「安い」と大喜び

リフォーム済みの物件は、母子家庭2組に貸すことに。250件の応募の中から2組の親子が選ばれ、1階部分と2階部分に分かれて暮らすことになった。

その後、スタッフからリフォームにかかった金額が明かされた。普通、業者に頼むと680万円程度かかるというが、森の活躍で1階(112.5万円)、2階(122万円)で、合わせて234万5000円で済んだそう。これに森らは「安い」と大喜びした。

ネット上では、仕上がった家のクオリティーが高いと絶賛する声が続出。しかし人件費を考慮せずに「費用234万円」と表現したことに違和感を抱いた人が多いようだ。

《結局1番かかるのは人件費よなー》
《一軒800万はかかってるだろうなぁ。200万ぐらい出てきたって? 無理無理》
《人件費が入ってないのに、業者さんと比べんな》
《人件費込みの業者見積がボッタクってるように見えてしまう》
《森泉本人だけが作業している訳じゃないし、手伝いしている人の人件費もきちんと入れないと嘘》
《業者は人件費込なところを、番組は人件費度外視してるからぶっちゃけ同じくらいなんじゃないか》
《普通のリフォームで200万円ちょっとで全改装はハッキリ言って不可能!!》

次は千葉県内で、森自らの手で一から住宅を造るという。千葉編でも物議を醸さないか心配だ。

 

【あわせて読みたい】