博多華丸“嫁は女優の代用”!? 驚きの告白に批判「クソったれだな」

博多華丸

(C)まいじつ

お笑いコンビ『博多華丸・大吉』の博多華丸が3月15日、『博多華丸のもらい酒みなと旅2』(テレビ東京系)に出演。好きな女性芸能人の話の中で〝妻ディス〟発言を繰り出し、ネット上から「自分が嫁だったら普通にイヤ」「これが福岡の男か」などと、ドン引きの声が続出している。

この日は、お笑いコンビ『バイきんぐ』の2人をゲストに迎え、東京・恵比寿にある昭和の情緒漂う居酒屋へ。乾杯後、小峠英二から「夢中になった人って誰ですか?」と質問された華丸は、「俺もう単純に『おニャン子クラブ』」と回答。小峠が「僕は田中美佐子さん」とかつてアイドル的な人気を誇った女優の名前を出すと、華丸はすかさず「分かるわぁ。言っとくけど、お前より俺の方が好き」と返答する。

これに対し、小峠も「さすがに僕の方が好き」と言い返すと、口論がヒートアップ。ついに華丸は「俺は『Take2』の深沢さんと結婚が決まったとき、膝から崩れ落ちた、マジで」と過去を振り返り、「何だったら、田中美佐子さんと似ている嫁と結婚した」と衝撃的な告白をする。まさかのぶっちゃけ話に、『バイきんぐ』の2人はのけ反って大笑いし、「マジっすか」「それはむちゃくちゃ好きですね」と、華丸の〝田中美佐子愛〟を認めざるを得ないのだった。

 

古き悪しき“九州男児”のイメージ

ノリのいい居酒屋トークだったが、視聴者からは華丸の結婚エピソードについて、

《代用品っぽい言い方がやだなぁ…》
《奥さんは知ってたとしても聞きたくないし、口外されたくないだろうな》
《自分が嫁だったら普通にイヤだな》
《嫁に失礼な発言! 男の風上にも置けないクソったれだな》
《カンニング竹山もそうだけど、福岡の男性って女性を何だと思ってるんだってレベルの扱いするよね…》
《どんどん気持ち悪くなっていく…。好感度高いうちに福岡へ帰りなさい》

などと、嫌悪感を爆発させる声が続出。博多出身の〝九州男児〟だということに関連付けて批判する声も上がっている。

「華丸と奥さんの出会いは、アルバイト先。華丸がラーメン屋で働いていたとき、その客として来ていたのが奥さんだそうです。離婚話も一切浮上したことはなく、夫婦円満なイメージがありますが、世間では時折、華丸の〝モラハラ発言〟が話題になっていますね。それも一種の古き良き〝主人像〟なのでしょうが、NHKの〝朝の顔〟として〝人のいい博多人〟〝良きパパ〟として起用されている以上、今後、公の場では発言を考え直す必要があるかもしれません」(芸能ライター)

近ごろはコンビで〝女性の敵〟と揶揄される2人。好感度の下落が止まらない!?

 

【あわせて読みたい】