西山茉希“卒園式コーデ”にドン引きの声…「子どもがかわいそう」

西山茉希 

(C)まいじつ 

3月17日、タレントの西山茉希がインスタグラムを更新。子どもの卒園式に出席した際のコーディネートを披露したものの、ネット上では「TPO無視し過ぎ」などと呆れ声が上がっている。

西山はこの日、《#苦手分野 #正装》とハッシュタグを付けてインスタへ画像を投稿。オーバーサイズのジャケットにゆったりとしたパンツを合わせ、かなりカジュアルなコーディネートを披露した。

《#俺流コーデ #正装風味》ともタグを付け、西山は自分自身で独特なコーデだと理解しているよう。そして最後に《正解とは言えないであろう、個人の一例をあげておきます》と謙遜。《#主役は子供》と、あえて目立たないようなコーデにしたと主張している。

 

「控えめなのとカジュアルなのはまた違う気が…」

このオシャレな1枚を見たファンからは、

《まきちゃんカワイ過ぎる~》
《私にとって茉希ちゃんの正装は参考書です》
《素敵だ…真似しちゃおっと!》

などなど、絶賛の声が。しかし、一般層からは、

《ラフ過ぎて逆に目立ちそう。紺のフォーマルスーツが一番無難だと思う》
《主役は確かに子どもだけど… TPOっていうのがあるよね、一応》
《控えめなのと、カジュアルなのはまた違う気がする》
《主役は子どもなのは分かるけど、他のお母さんはキレイにしてるのに自分の親だけカジュアルとか恥ずかしい。子どもがかわいそう》
《目立たないようにするには、周りと同じような黒かグレーのスーツだよ。わたしカジュアルでしょ?見て見てー!って主張が強過ぎて無理》

などと、コーデの方向性がズレているとの指摘が多く上がってしまった。

「これまでに多くの芸能人が、子どもの卒業式や入学式に出席した際のコーデを公開していますが、ほとんどの母親たちは、黒かネイビーのスカートにジャケットという基本的なフォーマルスタイル。辻希美が膝上丈のミニスカで物議を醸したこともありますが、西山ほどカジュアルな人はほとんど見掛けませんね」(芸能記者)

常識から外れた装いも、芸能人ならば〝オシャレ〟として許されるのだろう。

 

【あわせて読みたい】