上原さくら“リボ払い”告白で同情の声「そんなにお金ないの?」

上原さくら 

(C)まいじつ 

タレントの上原さくらが3月17日、自身のオフィシャルブログを更新。愛犬への治療費を明かしたところ、ネット上では上原の〝金銭事情〟に同情する声が多く上がっている。

上原は先ごろ、飼っている愛犬の歯石取りのため動物病院を訪れたことを報告。《すっごく高額なので2匹ずつローテーションです》と、愛犬4匹を通院させていると明かし、キレイに掃除された犬の歯の写真を掲載とともに《歯もと~ってもキレイキラキラ 息も爽やか》と大満足の様子をつづっている。

そんな中、ブログの後半では〝ペットを飼う心構え〟について熱弁。《犬くんの健康は、ママにとってプライスレスよ》と愛情の気持ちあふれる一方で、以前に愛犬が肩を脱臼し手術した際には、《お会計が40万円を超えました ビックリしたけれど、払わない選択はありません。カードが使えたのでリボ払いしました》とコメント。そして今回の歯石取りは《2匹で12万円》と、どうしても大きな出費になってしまう現実を紹介。近年、かわいいという理由だけで軽率にペットを飼おうとする人々に向けて、《動物愛護活動の方に比べたら、私なんかがペットを飼う責任について語る資格はないと思いますが… でも…かわいいだけでは飼えないっていうのはたくさんの方々に事前に知ってほしい事実ですね》などと警鐘を鳴らした。

 

言ってることは正論だが“リボ払い”の一言で…

この投稿に対し、ファンからは、

《ワンちゃんは人間のように保険が使えないので医療費大変ですね》
《ワンちゃんたちのケアの金額、びっくりしたよ… でも大切な家族のための、大事なコトですね!》

など、いたわるコメントが寄せられている。

しかし、一方で匿名掲示板からは、「リボ払いしました」との発言に対して、

《リ、リボ払いww リボ払い…》
《犬より金額より、リボ払いという発言の方が気になる…》
《40万をリボ払い、、利息いくら払ったの? 今は返し終わってるのかな?》
《リボ? そんなにお金ないの?》
《芸能人なら40万くらい余裕で払えそうだけど… ペット保険に入っててその金額だったのかな》
《リボ払い? せめてそこは普通の分割でいいでしょうよ》
《クリニック側も芸能人がリボにしたのビビったと思う》

などと、芸能人である上原がリボ払いをしていることにショックを受ける声が続出している。

「上原の元夫・A氏は、東京・目黒の高級住宅街に想定15億円を超える自宅を作っています。もちろんお金がすべてではないですが、今の状況を比較するとどうしても上原に同情せざるを得ませんね」(芸能ライター)

貧乏から抜け出すためには、まずリボ払いから足を洗った方がいいかも!?

 

【あわせて読みたい】