エッチでかわいい社畜女子! グラドル・安西ゆかの“下着写真”にドキドキ

グラビアアイドル・レースクイーンとして活動する安西ゆかが、「えっちでかわいい」〝えちかわアイドル〟として注目を浴びているようだ。

安西はえちかわアイドル、社畜アイドル、釣り女子など、さまざまな要素を併せ持った多彩な人物。「社畜アイドル」の名の如く一般の仕事と芸能の仕事を掛け持ちしており、終業時には《しごおわていじ》《しごおわざんぎょう》などとツイートする等身大な親しみやすさがある。

最近ではYouTubeで釣りにも挑戦し、「釣り女子」としても活躍中。まずは『としまえん』のプールでマス釣りに挑み、レクチャーを受けながらも下処理・調理まで自身で行った。第2回の釣りでは、船で海釣りにも繰り出してアジをゲット。また、ツイッターでは魚図鑑で勉強する姿勢も見せており、真面目で勉強熱心、何事にも努力家な一面が垣間見えている。

 

“えちかわ”なSNS投稿がすばらしい!

肝心のアイドル活動では、SNSや撮影会で「えちかわ」の名に違わぬ魅力を爆発させている。

日ごろは撮影会を中心に活動しているため、ツイッター・インスタグラムには撮影会で撮られた画像を頻繁にアップしている安西。衣装は水着からドレス・制服・ランジェリー風衣装など多岐にわたり、「かわいい」から「セクシー」まで、実に多くの表情を見せている。その幅広い魅力は撮影会のみならず、自撮り画像の投稿でも絶賛爆発中。自撮りでは下着を着用した投稿が多いため、どちらかというと「えちかわ」の「えち」が強い印象だ。アングルも俯瞰やアップが多く、思わずドキドキとさせられる魅惑の投稿と言えるだろう。

「現在、彼女の活動は撮影会とライブ配信がメインです。そのため、近い距離感でのふれあいが可能なのですが、配信に関してはコンテスト形式のために悔しい思いをし、弱音を吐いて進退をかけるほど思い詰めたことも。ツイッターでも《今年が勝負というかもう後がないんだ》などと、複雑な胸中を明かしていました。ただ、これはそれだけ真摯に取り組んでいるということでもあるので、SNS返信がマメな人柄の良さも相まって、つい応援したくなる心理をくすぐられる。彼女の〝3大魅力〟を挙げるとすれば、えちかわ・真面目・庇護欲をかき立てられるという3点でしょう」(アイドル雑誌ライター)

〝えちかわ〟で気さくで釣り女子とくれば、まず間違いなくオジ様ウケは抜群。ハートをつかめることは間違いなく、これから「親心でつい応援したくなる」というファンが拡大するかもしれない。

 

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】