浜崎あゆみドラマ『M』田中みな実の出演決定で“茶番”確定!?

田中みな実 

(C)まいじつ 

フリーアナウンサーの田中みな実が、歌手・浜崎あゆみの半生を描いた4月スタートの新ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)へ出演することが分かった。原作にない〝眼帯メンヘラ秘書〟という役柄について、ネット上では「茶番確定」などと呆れる声が多く上がっている。

同作は、歌姫・浜崎が誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れをもとにして書いた同名のフィクション小説が原作。鈴木おさむ氏が脚本を手掛け、アユ役を歌手の安斉かれん、レコード会社『A VICTORY』のカリスマプロデューサー・マサ役を三浦翔平が演じる。

田中の役どころは、眼帯姿の謎めいたマサの秘書・姫野礼香。マサを愛するあまり暴走し、あの手この手で姑息にアユをいじめるという〝メンヘラ〟な面を持った役を務める。

田中は役柄について、公式サイトで《台詞は普通に生活していたらまず口にしないようなことばかり》と明かし、《こんなに意地悪な役は初めて…。新たな自分を発見できたら面白いなと思っています》と、意気込みを語っていた。

「深夜帯ながら、既に大きな注目を集める同ドラマ。ネット上では、モデルとなった実在の人物と俳優陣との乖離が話題になっているようで、《マサ役は芸人のモンキッキー、アユ役はものまねタレントのりんごちゃんがいいと思う》といった揶揄の声が飛び交っています。ただでさえ〝嘘みたいな本当の話〟として、にわかに現実感のない内容にもかかわらず、ここに来て原作に登場しない〝眼帯メンヘラ秘書〟キャラを投入。しかも演じるのが田中とくれば〝茶番〟は確定的ですね。原作から醸し出される〝ケータイ小説のような空気感〟が好きだったというファンからは、落胆の声が上がっています」(テレビ雑誌ライター)

 

「ビスケット見たいな眼帯」「みかんの皮」

ネット上では、この方向性に対して、

《眼帯の女とか地雷でしかないじゃんwww マサを愛するあまりアユを虐めるとか昭和の少女漫画の世界だろwww》
《もうこれ普通に良質なドラマとして作るのは無理だから、完全にネタとして作ってるとしか思えないね》
《原作にないキャラ!? 何のためのドラマなんだww》
《笑っちゃう。なぜか分かんないけど笑っちゃう》
《設定古っw しかもそれをどこか古さを感じる田中みなみがやるってウケるw》

など、呆れる声が続出。また、公式ビジュアルで公開されている田中の丸くてオレンジ色の〝謎の眼帯〟に対し、

《ビスケットみたいな眼帯がツボったwww》
《みかんの皮をくっつけてるのかと思って何度も見てしまったけど、やっぱりみかんの皮にしか見えない…》

などと、疑問に思う声も。

浜崎を〝再ブレーク〟させるためのドラマなどとウワサが浮上していたが、果たしてどうなることか。

 

【あわせて読みたい】