新婚・二宮和也‟ハッスルハッスル”で腰痛悪化?「立ち方が変…」

二宮和也 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

3月19日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)で、『嵐』の二宮和也が腰痛を悪化させているのではとの指摘が出ている。視聴者は放送中の二宮の言動や行動に「覇気がなかった」と心配していた。

二宮は、この日行われたゲームにすべて参加。このうち「ジェスチャー嵐」の冒頭では〝天の声〟(渡辺和洋アナウンサー)がゲーム内容を解説し、一同が机の前に立って聞いていたが、全員が前を向く中で二宮のみがテーブルに両手をついていた。解説が終わるころ、二宮は両手に重心を置いて下を向き、カメラから完全に顔が見えない状態になっていた。

 

ゲーム前なのに座って待機

最後のゲーム「ボンバーストライカー」の開始前は、ゲーム直前にもかかわらず、二宮は櫻井翔とともに座って待機。相葉雅紀の「やる気ありますよね?」とのツッコミに、櫻井は「(集中力を)高めてるの」と説明。二宮は「(相手チームが取った得点が)生半可な得点じゃないからね」と付け加えていた。

この他オープニングトークで、右端の二宮は両手を後ろに組み、しきりに体を左右に揺らしながら会話に参加。見ようによっては腰を気にしているとも取れる行動を繰り返していた。

放送終了後には嵐メンバーが集まってインスタライブを配信。ファンは歓喜したが、二宮はテレビ、インスタライブともに言葉少なだったと指摘。また、「ボンバーストライカー」の開始前に櫻井が二宮とともに座っていたのは、二宮の腰痛を隠すためだったのではと想像する声も出ている。

《腰イタいのかな。始まるまで座ってた。翔くんが一緒に座ってるから変に浮かなかったけど》
《ボウリングの投げ方が腰をかばった投げ方してるように見えました》
《ニノちゃんの立ち方見てたら絶対腰痛いときの動きだし…》
《腰痛くて座ってるから翔くんも一緒に座ってたのかなって思ってたら同じことを思ってる人がいた》
《ニノ立ち方が変だよね? 何か重心が変な感じ、、腰大丈夫かなあ》
《立ち方変だし分かりづらいように腰押さえてたし心配》

新婚だけに、やはり腰痛には注意が必要だろう。

 

【あわせて読みたい】