『鉄腕DASH』“火事”が発生して騒然「過去のトラウマが…」

TOKIO

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

3月22日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、「火事が起きた」と視聴者の間で話題になっている。火事が起きたことは明らかになったものの、その一部始終が明かされなかったことに驚く視聴者もいた。

この日は人気企画『DASH島』を放送。現場作業を手伝っている『SixTONES』の森本慎太郎は、昨年完成させた「反射炉」を本格的に稼働させようと思案。アルミ工場、木型製作所を訪問し、鋳物や木型造りの技術を学んだ。

森本は学んだ技術をDASH島に持ち帰り、現地で水筒、弁当箱を作ろうと、『TOKIO』城島茂とともに作業。島内で鉄くずを集め、鋳型を反射炉の外に置き、反射炉から流れる溶けた鉄を受け止めることにした。

 

スタッフ大慌て「火事!火事!」

番組では、スタッフらが反射炉内部に火を起こし、溶かした鉄を鋳型に流し込もうとするシーンが放送された 。溶けた鉄が鋳型に流れ込むと、鋳型から火が立ち、反射炉近くの地面からも火が起きる映像が流れた。

スタッフが「火事だ!火事!火事!」と叫ぶなど緊迫したムードに包まれたように見えたが、直後にVTRが切り替わり、長瀬智也によるコーナー「俺たちのDASHカレー」を放送。長瀬がカレールーに調合する食材を調べる企画が最後まで続き、火事の結末が明かされることはなかった。

TOKIOといえば、『DASH村』で2003年に火事を起こしたこともある。次週で火事の概要が明らかになるようだが、この日は何事もなくコーナーが変わり、番組が終わったことに驚く視聴者は多かった。

《鉄腕DASHは火事ではいろいろトラウマ持ってるでしょ…》
《DASHはすぐに火事になるなw》
《で、火事はどうなったのおぉ!》
《えっ!? 火事!? えっ!? そこでカレーいっちゃう!?》
《鉄腕DASHに火事は付き物だし、いつも炎上してるなこいつら…》
《すぐ火事になる番組、それが鉄腕DASH》

TOKIOメンバーやスタッフに何事もなければいいが…。

 

【あわせて読みたい】