『NGT48』中井りか“番組クビ”に辛辣意見「もともと需要なんてない」

(C)B-D-S Piotr Marcinski / Shutterstock

『NGT48』の中井りかが出演するフジテレビの深夜バラエティー番組『今日から友達になれますか?』が、3月22日でひっそりと終了した。

「日曜日の深夜1時過ぎの番組ですよ。あってもなくてもいいし、別な曜日、時間帯を変えて放送する必要もないというフジテレビの判断でしょう。終わったからといって驚くような話でもない。ネット上では『もともと需要なんてない』などの辛らつな意見も飛び交っています。まあ、単なるリストラでしょう」(テレビ雑誌編集者)

番組では、お笑いの小籔千豊と共演。友達が少ないという中井がゲストを相手に「友達になれませんか?」と聞く〝お見合いバラエティー〟だ。

「最近ではダレガレ明美や若槻千夏、高橋真麻などがゲストでした。彼女たちからいろいろな話を聞いて、友達になる約束をするわけです」(同・編集者)

ほとんど面識のない人間を呼んで「友達になって」と言うのだから、バカバカしいと言えばバカバカしい企画だろう。

「過去には長嶋一茂、アンミカ、橋本マナミ、和泉元彌なども出ています。ゲストもテキトーな感じで受け流していますし、視聴者も真剣に見ていないでしょう。完全なオフザケ番組ですね」(同)

 

ファンは邪推するがただの不人気で終了

深夜番組であることと、人気企画でもないことから、結局は1年で終了。予定通りといったところだ。ところがNGTファンにすれば、中井が口の利き方を知らない生意気キャラで売っていることから「フジテレビに嫌われ切られた」と推測。さらに元メンバーだった山口真帆のファンによる暴行事件があった際に中井が関わったというウワサもあり、番組降板は「山口の呪い」などと、妙な評判まで立っている。

「中井は東京の事務所に所属しているとはいえ、新潟のローカルアイドル。別に全国区でもないので、番組から消えてもおかしくない。もともと東京の事務所でなければ、深夜帯とはいえ民放キー局に単独で呼ばれる方が不思議ってことですよ」(アイドル雑誌ライター)

〝大物〟と友達になり、ローカルから這い上がるサクセス・ストーリーを見たかった気もするが…。

 

【画像】

B-D-S Piotr Marcinski / Shutterstock

【あわせて読みたい】