広瀬すず“またまた失言”! 30代女性をイラっとさせた一言とは…

広瀬すず

(C)まいじつ

女優の広瀬すずが、3月17日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)に出演。公開される映画作品にちなんだ〝とある発言〟に、ネット上では「ナチュラルに人をイラッとさせる」などと、呆れの声が続出している。

映画『一度死んでみた』(3月20日公開)で、初めてコメディーに挑戦した広瀬。映画の宣伝で、17日の「めざましテレビ」に共演の吉沢亮とともに出演した。映画に出てくる〝若返りのクスリ〟が欲しいか聞かれ、いらないと回答した上で「10歳くらいパッと年を取れる薬が欲しい」と意外な回答。続けて、ある人から「30から35歳くらいが一番モテるよ、女は」と言われたことを明かし、「それがすごく人生の楽しみ」と、21歳ならではの思いを語るのだった。

 

悪気がない分失言癖が治らない

しかし、この発言に対し、ネット上では〝大ヒンシュク〟を買ってしまったようで、匿名掲示板では、

《これは職場で若い子が言ったら、空気が凍るやつwww》
《はぁーーーー!? ケンか売ってるだろw 絶対、ワザとあおるようなこと言ってると思う》
《この子はちょっとアレなの?》
《ナチュラルに人をイラッとさせるのが特技》
《この人性格が悪いというより、そもそも頭が悪いって話だよね》
《やっぱりおばかさんなんだねって印象…》
《わざと言ってるのか天然なのか知らないがたまに不快感を与えるような発言するよね》

などと、呆れ声が多く上がってしまった。

「17歳のときに出演したバラエティー番組での〝裏方スタッフディスり発言〟に始まり、たびたび失言を口にしています。昨年末にはトーク番組で、俳優の野村周平に対して『唯一、初めて友達と思わせてくれた人』とコメント。まるで野村以外の友達は友達ではないかのような発言に非難の声が上がりましたね。おそらく広瀬自身には悪気がない分、失言グセが直らなそうなのが問題です」(芸能ライター)

今回は、主に30代の女性からヒンシュクを買ってしまった広瀬。敵が増える一方のようだが、果たしてどうなるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】