Cocomiデビューで再燃! 妹Kōki,「身長170センチもあるのか?」疑惑

Cocomi  Kōki,

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

木村拓哉と工藤静香の長女、Cocomiが芸能界デビューを飾った。いきなりファッション誌の表紙に登場するとともに、海外ブランドのアンバサダーにも就任するという。

「当初、Cocomiは芸能界入りしないといわれていました。フルートが得意で数々のコンクールで優勝。将来的には本格的なフルート奏者を目指すということでした。でも楽器メーカー主催のコンテスト入賞や学生コンクールでの東京大会出場など、おおよそトップ的な賞とはいえない。今のところは、ただの〝フルート好きな少女〟という域を出ません」(芸能ライター)

Cocomiは私立のT大学付属高校の音楽科に在籍。4月からはそのままエスカレーターでT大学に通う予定だという。

「T大学の卒業生には、ゴーストライター問題で世間を騒がせた新垣隆氏、バラエティー番組でも活躍しているヴァイオリニストの高嶋ちさ子氏などがいます。Cocomiの専攻はマニアックなフルート。音楽家の道よりは、妹と同じタレントの道の方が安泰だと思いますけどね」(同・ライター)

 

定期的に騒がれるネタですが…

当面は音楽家を目指しつつ…といったところのようだが、Cocomiのデビューで、すでに芸能界入りしている妹・Kōki,との比較も顕著。一部では〝身長疑惑〟が再燃しているようだ。Kōki,は身長170センチとされるのだが…。

「Cocomiと一緒に歩いている写真が、ネット上でザワつかれています。写真は向かって左がCocomi、真ん中にKōki,、右端がお供か仕事関係女性のスリーショット。3人が並列に歩いているのですが、CocomiとKōki,はほぼ同じ背。それなのに、右端の女性はKōki,より10センチ以上高い。Kōki,が170センチなら180センチ以上のデカ女と推察されますが…。実はこの写真、姉妹が子供のころのときのもの。木村家のアンチが冗談で騒いだだけのものです。見れば一目瞭然で笑ってしまいます」(同)

総務省の統計によれば、20代30代女性の平均身長は約159センチとのこと。写真のお供の女性が仮に160センチだとすれば、姉妹はそろって、写真が撮られたころより20センチほど成長したということになる。

何はともあれ、父の木村がSNS上で《go FLY! my ANGELS!》(羽ばたけ、俺の天使たち)と言葉を向けたように、姉妹の〝成長〟を楽しみにしたいものだ。

 

【あわせて読みたい】