ブルゾンちえみ『ヒルナンデス』卒業回ブチ壊し!「つまらな過ぎる…」

ブルゾンちえみ 

(C)まいじつ 

2月初旬に本サイトが先駆けて報じたように、ブルゾンちえみが3月25日の放送をもって『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を卒業した。しかし、最後の出演でも相変わらず番組を盛り上げる姿勢を見せず、視聴者からは呆れた反応が続出した。

この日、番組はオープニングトークから「大切なお知らせ」としてブルゾンとつるの剛士の番組卒業を発表。卒業スペシャルとして、過去に番組に出演した一般人や芸人たちが再び番組に登場するという心温まる企画が行われた。

かつて、つるのがロケで訪れた「ヴァンパイア」の世界観を作り込んだカフェの店長が訪れると、ブルゾンは真っ黒なソースのパスタと目玉をかたどった料理をいただくことに。しかし、目玉を1口食べて「ナニコレ?」とつぶやき、店長から「(人間界で言うと)クリームチーズだ」と聞くと「おいしー」と棒読み。すぐさま駆け足気味に次のVTRへ進むという、何の面白みもない食レポを披露した。

そして、最も不評を買ったのは、アニメ『ドラゴンボール』のモノマネ芸人一同が出演したくだりだ。

 

“かめはめ波”を嫌がって妙な空気に…

スタジオではモノマネ芸人による小芝居が行われ、つるのは孫悟空になりきって〝かめはめ波〟を打つことに。直後、ブルゾンも指名を受けてかめはめ波をやることになったのだが、名前を呼ばれた瞬間から「ヤダヤダ!」と顔を赤くして露骨に嫌がる素振りを見せる。

嫌々ながらかめはめ波を打つことになったブルゾンだが、掛け声すら出そうとせず、恥じらった態度を見かねた芸人たちは「一緒にー!」「声出してー!」と明るく促した。しかし、それでもスタジオはどこか微妙な空気になってしまい、ドラゴンボール芸人までスベった雰囲気に。ブルゾンは最後まで〝芸人〟らしい振る舞いを見せなかった上、周りも巻き込む足の引っ張りようを見せた。

彼女の姿に、ネット上からは、

《最後までブルゾンがつまらな過ぎる》
《ブルゾンちえみって、芸人なのにほんとに照れが面白くない》
《やだやだ言ってないで最後くらいやりなさいよブルゾンさん…》
《自分が芸人なの忘れてそう》
《嫌がるし照れるし中途半端やし笑い取らんし逆に素晴らしいわブルゾン》
《かわいいアイドルとかハタチ前後の子が「できなーい、はずかしー」とか言うならいいけどさ…》

などの感想が殺到した。

「最初は、スベりそうな団体芸に巻き込まれるのがイヤなのかと思いましたが、どうやら大声で『かめはめ波』をやるのが本気で恥ずかしいと感じたようです。昨年のロンドンロケでも、〝ラグビーのスクラムを組むポーズをする〟というだけのことを『恥ずかしい』『女子のやることじゃない』と拒否していましたし、彼女の恥の基準は思春期の学生のよう。もちろん、変顔やストッキングかぶり、すっぴんなどもNG。女優やアイドルよりもノリが悪いのです」(芸能記者)

最後まで芸人として振る舞わなかったブルゾン。卒業は残念でもないし当然の結果といえよう。

 

【あわせて読みたい】