高樹沙耶“コロナ禍で大麻解禁”大炎上「便乗するにもほどがある!」

高樹沙耶 

(C)まいじつ

元女優・高樹沙耶のツイートが話題になっている。高樹は3月26日に自身のツイッターへ、新型コロナウイルスにまつわる騒動についての持論を投稿した。

《自粛の発表前に大型ストア小売店に先に伝えて段取ればパニックは小さくできるわけで、わざわざパニクらせてるとしか思えない! この関連の出来事は大きくなれば自給率の低さに身悶えることにもなる。今後のためにもシステムの改善が必要》

このように、食料の買い込み騒動を分析。このツイートにツイッターユーザーからは《するどいわ! 名探偵です!》など、賛同の声が集まった。これに気を良くしたのか、高樹は直後に、《商品券より大麻の有効利用解禁!》と衝撃のツイートを投稿。以前から主張し続けている大麻解禁を、このタイミングでも訴えた。

 

「大麻の怖さを自分の身をもって教えてくれる芸人」

しかしながら、当然のように多くの批判が集まってしまう。

《ワロタwww 便乗するにもほどがある》
《全く反省していなくて草(大麻だけに)》
《キマり過ぎてて麻生える》
《ぺんぺん草でも乾燥させて吸ってろ》
《大麻に対する執着心えげつないな…。ここまで人を狂わせてしまうものなのか…》
《高樹さんのおかげで、大麻は本当にやってはいけない危険なモノだと理解できました。ありがとう》
《大麻の怖さを自分の身をもって教えてくれる芸人》

2016年に大麻取締法違反で有罪判決を受けた彼女だが、大麻への執着心は変わっていない様子。しかも昨今のコロナ騒動禍で大麻解禁をアピールすれば、たたかれることは明らかなはずだ。

そこまでしてオススメする大麻とは、一体どんな〝効果〟があるものなのか…。多幸感をもたらすなどともいわれるが、日本では法律で規制されている薬物の1つであり、厚生労働省のホームページでも《脳に影響を与える違法な薬物です!》と強い言葉で注意喚起している。

もし〝幸〟が薄くとも、やはり「有効利用」などとのたまってはいけない。困ったものだ。

 

【あわせて読みたい】