あいみょん“バブル風”衝撃…「昔の千原ジュニア」「女装した亀田大毅」

(C)Kues / Shutterstock

3月25日、シンガーソングライターのあいみょんが、最新シングル『裸の心』を今年5月にリリースすると発表した。併せて同曲のイメージビジュアル、ミュージックビデオを公開したのだが、ネット上では戸惑いの声が上がっている。

4月からスタートする多部未華子主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の主題歌に起用される同曲。あいみょんのツイッターに、ミュージックビデオの一部動画が投稿された。

このMVでのあいみょんは、バブル期の女性のような〝濡れ髪ソバージュヘア〟に、紫のリップという独特な仕上がり。〝どこか懐かしい〟〝平成初期のようなフレーズ〟という理由でウケている楽曲の世界観を、見事に再現した雰囲気となっている。

バブル風な彼女の姿に、ファンからは、

《雰囲気が違くて素敵》
《いつもと違うあいみょんだけど、すんごくかわいい大好き!》
《唇の色も全部全部かわいいなぁ…》
《髪の毛クルクルかわいい》

など、歓喜の声が上がっている。

 

写りによって大きく変わる姿

しかし、一方でSNSなどからは、

《何やこのメーク》
《許されないだろこれ》
《昔の千原ジュニアやん》
《女装した亀田大毅》
《化粧が悪いよ化粧が》
《刃牙っぽくて草》

などの戸惑いの声が続出してしまった。

「あいみょんは写りによって、女優の小松菜奈や、お笑いコンビ『おかずクラブ』のオカリナに見えると、評価が大きく分かれます。今回のスタイリングで特に問題なのは前髪でしょう。あいみょんといえばパッツン気味の前髪で、かわいらしさを強調していましたが、今回はシースルーバングのようなスカスカ前髪のため、いつもと雰囲気が大きく変わっています」(芸能記者)

若者に大人気なだけに、今後〝濡れ髪ソバージュヘア〟が再流行するかもしれない。

 

【画像】

Kues / Shutterstock

【あわせて読みたい】