浜崎あゆみ“コロナポエム”に呆れ声続出「新曲の歌詞ですか?」

浜崎あゆみ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

歌手の浜崎あゆみが3月26日、自身のインスタグラムのストーリーを投稿。新型コロナウイルスで混乱を極める世の中に対してと思われる〝メッセージ〟が、大きな話題になっている。

今年2月から、ライブツアー「ayumi hamasaki TROUBLE TOUR 2020 A ~サイゴノトラブル~」を開催する予定だった浜崎。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、また日本政府から要請された方針に従い、3月中の公演を中止すると発表。4月4日以降の公演に関しては、あらためてお知らせするとしている。

そんな中、26日のストーリーで浜崎は、

《対岸の火事だなんてもう誰も思ってない。笑ってるからって何も考えてないわけじゃない。得体の知れない不安と闘いながら、誰もが毎日を一生懸命生きる》

と、危機感あふれるコメントを投稿。続けて、

《先に行くのも怖いし、取り残されるのも怖くて、焦って間違えることも確かにある。でも、これまで居た世界とはもう違う場所で私たちは生きてる。その世界でも生きて生きて生きて、また明日ねって、明日も明後日も明明後日も大切な人たちに言い続けるのだ》

と、明言はしていないものの、おそらく新型コロナウイルスに混乱する世間に向けたであろうメッセージを発信した。

 

あゆワード全部のせの力作

不安感にさいなまれながらも、希望を強く持つ〝あゆらしさ〟全開のメッセージに対し、ネット上では、

《浜崎さん、ご自身で歌詞を書くだけあって、文章が歌詞に見えてきます》
《何か安い歌の歌詞に見えちゃうけど、酔っぱらって書いちゃったのかな》
《新曲の歌詞ですか?》

などと、まるで歌詞のような文脈だと感心する声が上がっている。一方、某女性向け匿名掲示板では、

《ポエム来たーーーw》
《浜崎あゆみはいつになったら厨二病が治るんだろうね?》
《カッコつけたがりだね。昔は、これでも通用したけど今はもう無理》

など、揶揄する声が続出した。

「『誰もが毎日を一生懸命生きる』『これまで居た世界とはもう違う場所で私たちは生きてる』『その世界でも生きて生きて生きて…』などの〝生きる〟推しは、90年代後半から2000年代初頭の、全盛期のあゆ楽曲を想起させます。当時は不景気で先行きが重々しく、こうした〝暗い雰囲気〟の曲が若者の心に響き、大ヒットを連発しました。今回のポエムには他にも、〝不安〟〝間違い〟〝世界〟〝大切な人〟と、これまで多くの歌詞に登場したフレーズが散りばめられていますね」(音楽誌ライター)

ある意味、浜崎が世間に伝えたいことは数十年間一貫している。そして再び、身に染みる時が来たのかもしれない…。

 

【あわせて読みたい】