小島瑠璃子に暴走男が…『ヒルナンデス』伝説の“放送事故”を再放送!

小島瑠璃子

(C)まいじつ

3月26日の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)は、7年間レギュラーを務めたタレント・小島瑠璃子の卒業SPを放送。過去の思い出を振り返る場面で、放送事故級のハプニングシーンが〝紙芝居〟で振り返られた。

この日は「小島瑠璃子が卒業!最後のロケSP」という企画が放送され、小島が木曜レギュラー全員とドライブ旅へ行くVTRがメインに。友近、『ジャニーズWEST』中間淳太・桐山照史、『サバンナ』、『関ジャニ∞』横山裕などを数珠つなぎ式に車に乗せ、さまざまなスポットを回っていった。

「サバンナ」とのロケでは、小島がお気に入りだったという屋外でのキャンプが行われ、小島はサバンナに感謝のプレゼントを渡すことに。するとここで、《※3年前のある出来事が関係しています》とのテロップとナレーションが流れ、2017年12月21日、「サバンナ」高橋茂雄と小島がパン屋を訪れ、スタジオと生中継で店をリポートした映像が映し出された。

 

なぜか紙芝居での振り返りも、実は…

しかし、映像が流れたのは冒頭だけで、以降の様子は紙芝居によりキャンプ場で説明されることに。生中継に乱入した酔っぱらいが、小島と高橋にカラんできた〝放送事故〟がイラストで振り返られた。

「この場面は放送当時、ネットで大きな話題になりました。パン屋の行列をリポートする2人に突然、男性がカラんできたのです。抱き付かれてしまった高橋は『お父さんお父さん…』とタジタジ。小島は『きゃー怖い』と苦笑いを浮かべながら早足で逃げ、中継先のスタジオでは『え?え?』『今のマジのやつ!?』と、出演者たちが驚いていました。この男性はカメラの場所を変えても、再びロケに乱入しようと近づいてきたため、スタッフががっちりとガード。その様子が映像の端で見切れていました」(テレビ雑誌ライター)

ネット上には、当時の放送を覚えていた視聴者や、一般人が映ったために紙芝居となった苦肉の策に対するツッコミが続出している。

《放送事故のロケ、覚えてる!》
《ヒルナンデス 放送事故を再放送w》
《放送事故は流せないのか》
《ヒルナンデス、あの放送事故を紙芝居としてやるのか》
《あのおっさんは酔っぱらいっていうより、ガチでヤバそうな人だった》
《相手が一般人だから映像使えないのか》

トラブルさえも笑い話に変えるとは、さすがはナンバーワンバラエティータレントの小島だ。

 

【あわせて読みたい】