『Snow Man』リーダーまた法律違反…処分なし濃厚に『NEWS』ファン激怒!

(C)B-D-S Piotr Marcinski / Shutterstock 

今年1月にデビューしたばかりにもかかわらず、メンバー9人中4人が27歳という〝おっさん新人ジャニーズ〟『Snow Man』。そのリーダーの岩本照に、未成年女性をラブホテルへ連れ込んで飲酒させていたとの過去が発覚した。

スキャンダルを報じたのは、3月27日発売の週刊誌『FRIDAY』。記事は未成年女性本人による動画付きの告発で、同女性は2017年1月、友人から「ジャニーズJr.の子が来る合コンがある」と、深夜のラブホテルに呼ばれたのだという。

現場には計5人の女性がいて、この女性を含め2人が未成年だったとのこと。男性陣も5人で、岩本の他にもメンズ地下アイドルやホストが参加していたそう。女性は未成年と申告したが岩本は気にする素振りもなく、コールやゲームをしながら、10人で酒を飲んで盛り上がったと明かされている。

3年前の出来事とはいえ、クズ行為が明らかになったことでファンには落胆が広がっている模様。しかし、岩本は過去にファンをケガさせた暴行の前科があり、落胆するまでもなく〝根っからの悪人〟ともっぱらだ。

 

スルーによって邪推を招く可能性が…

「13年12月、岩本が舞台やTV収録に突然出なくなったことがありました。Jr.の退所や謹慎情報が公式にアナウンスされるようになったのは最近のため、当時ファンの間では『もう辞めたのでは?』『何かの謹慎か』などと憶測が。しかし14年4月の『週刊文春』にて、岩本がファンの女性に暴行していたことが発覚。右眼窩底骨折の大ケガを負わせていたと画像付きで掲載され、事務所も同誌の取材で事実を認めていたことから、〝謹慎〟だったと明らかになりました」(ジャニーズライター)

Jr.時代から数え、これで二度目の事件を起こしたことになる岩本。ただ、飲酒強要は3年前の話ということもあって、暴行のときとは違い、処分はなさそうなのだという。

「未成年への飲酒強要といえば、18年の『NEWS』が記憶に新しいですね。当時、メンバー4人中3人に同スキャンダルが発覚しましたが、小山慶一郎は活動自粛、加藤シゲアキは生放送での謝罪のみ、手越祐也は言及すらしない全スルーと対応が分かれました。小山だけ処分が重かったのは、当時の彼が報道番組のキャスターを務めており、事務所が社会性やキャスターという立場を重く受け止めたため。岩本はニュースどころか地上波のレギュラーすらありませんし、飲酒強要も3年前のことなので、おそらく処分はなくスルーされるでしょう」(芸能記者)

しかし、処分なしだとファンの内部対立が深刻化しそうなようで…。

「〝処分なし〟は過去の事例と照らし合わせて合理的な説明がつくのですが、おそらくファンは邪推してしまうでしょう。理由は岩本が属する『Snow Man』が滝沢秀明副社長の肝いりグループだからで、いくら前例踏襲によるスルーでも、ファンは『タッキーのお気に入りだからスルーなんだ』と勘繰ってしまいます。特に小山のファンは〝こっちは自粛したのにお気に入りだと守ってもらえるのか〟と、モヤモヤすること必至。しかし手越だってスルーでしたし、別にお気に入りだから特別扱いなわけではないのですが…」(前出のジャニーズライター)

何はともあれ『Snow Man』といえば、ファンの間ですら「イケメンがいない」「顔面偏差値低過ぎ」などと揶揄されているグループ。見た目が悪い上に最低限の法律まで守れないとは、人間的に魅力のない〝人間失格〟だと断じざるを得ない。

 

【画像】

B-D-S Piotr Marcinski / Shutterstock

【あわせて読みたい】