『鉄腕DASH』桝太一アナの‟無謀な行動”にハラハラ…「本当に危ない!」

桝太一 

(C)まいじつ 

3月29日の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で放送された企画「横浜DASH海岸」に、同局の桝太一アナウンサーが出演した。企画では東京湾で漁に臨む場面が流れたが、その際の桝アナの行動に視聴者はハラハラ。「危ない」「マジでケガをする」などと大騒ぎしていた。

番組では東京湾で、桝アナと『TOKIO』城島茂が深海調査に挑戦。専門家と合流して船で水深300~400メートルある地点に向かい、船の上から深海ドローンを海に沈めて海底に潜む魚などを探ることにした。

東京湾ではなかなか見られない生物を続々と発見した一行は、長さ150メートルに20本の針を付けた延縄(はえなわ)を用い、「たれ流し」の漁をすることに。延縄の針にエサを付け、船から豪快に投げ入れた後、網を自動的に引っ張る「マグローラー」で縄を引き上げることにした。

 

「顔がなくなる!」注意されてもヘラヘラ?

ところが、ローラーに不具合があったようで一行は四苦八苦。ローラーと手の力で縄を引き上げようとしたが、縄が制御できない状況に陥った。桝アナは作業をサポートしながら船から縄や海面をのぞき込もうとしたが、専門家は桝アナに「危ない!」と叫んだ。専門家は「顔がなくなっちまうよ!」「縄や針が跳ねたら(顔に当たり)顔がなくなる」などと桝アナに繰り返し注意していた。

それでも桝アナは機械に手をやり、繰り返し縄の様子をのぞき込もうとしては「危ない」と注意される展開が続いた。この様子に視聴者は騒然。桝アナは注意を笑い交じりに受け流していたとし、ツイッターでは桝アナの行動をたしなめる声が続出した。

《桝アナ、漁を舐め過ぎ! あれは本当に危ないよ!》
《桝さん危ないと思う。ちゃんとプロの言うことは守るべき》
《船長が「危ないからロープ触るな!」とか「顔がなくなるぞ!」って叫んでて、桝さんはクスッと笑ってたけど、あれはマジだよね》
《桝さん…あがってくる魚を見たいのかもしれんが…本当に危ないから移動しようね》
《桝さん危ない、言うてる意味理解してなさそう》

番組を見る限り、桝アナはケガはしていなかった様子。もし事故が起こっていたら、番組の存続にも関わりかねなかったことだろう。

 

【あわせて読みたい】