西内まりや“志村けん追悼”にシラケ声「こういう画像はなぁ…」

西内まりや

(C)まいじつ

モデルの西内まりやが、3月30日に自身のインスタグラムを更新。亡くなったことが報じられた志村けんさんとの2ショットをアップし、《志村けんさん。ご冥福をお祈り致します。物心ついたころから当たり前にテレビにはけんさんがいて、私の心や日本中を明るくしたけんさん。愛のある優しい方で、いつも温かく見守って下さったけんさん。大好きです。ゆっくりと休まれて下さい》と追悼した。

西内は続けて、《今世界中で流行しているコロナウイルス。信じられないくらいの感染力で今たくさんの方が戦っています。明日は我が身。他人事に思わず、できることを。愛する人のやめに。自分のために。家で過ごしましょう》と、あらためて注意を促した。

2ショットの他、バカ殿と一緒に〝アイーン〟する姿などを投稿した西内に対し、ネット上では、

《バカ殿すごく面白かったですよね。志村けんさんがいなくなっちゃったのは悲しいけど、みんなで頑張って生きていきましょう》
《素敵な写真ですね。まりやちゃんがバカ殿に出てたとき、見てましたよ》
《本当に残念です。私も気を付けるので、まりやさんも気を付けて下さいね》
《当時の放送、見てましたよ。けんさんへ思いが届くといいですね》

など、大きな反響を呼んだ。

 

バラエティーがイヤで飛び出したんじゃ…?

志村さんへの思いが十分伝わる西内の投稿ではあったが、一方では、

《バラエティーは出たくないって言って海外に飛び出したんじゃなかったっけ?》
《本当は歌手活動したくて最後は事務所と揉めたんだよね…。バカ殿、本当はやりたくない仕事だったんじゃ…?》
《志村さんを追悼する気持ちは分かる。でも、こういう画像はなぁ…。もうバラエティーへ出るつもりないくせに》
《こういう仕事が嫌で、事務所の社長張り飛ばして外国にいるんでしょ? もう日本の芸能界に未練ないくせに、こういうときにアピールしてこないでほしい》

などといった厳し過ぎる声も聞かれる。

「西内は2017年に事務所の社長を平手打ちし、翌年、契約を更新せず退社。現在は海外でモデル活動をしています。当時、事務所は西内の売り込みにかなり力を入れ、バラエティー番組からフジの〝月9〟の主演まで、連日のようにテレビに出演。しかし、本人は歌手活動をしたかったようで、たびたび事務所と揉めていました。結局、世話になった事務所に後ろ足で砂をかけて出ていったため、西内が日本の芸能界に復帰するのはもはや絶望的といわれています。そんな西内のワガママを知っている人たちは、志村さんへの追悼も素直に受け取れないのかもしれません」(芸能記者)

日本を代表するコメディアンの死は、海外で活動している西内の耳にもすぐ届いたのだろう。単純に志村さんへ哀悼の気持ちを表明したいだけだろうに、芸能人は大変だ…。

 

【あわせて読みたい】