佐々木希に“離婚危機”説が再浮上!? 本格的な仕事復帰でいよいよか…

佐々木希 

(C)まいじつ 

女優の佐々木希が、来る4月13日からリニューアル放送される所ジョージの冠番組『所JAPAN』(フジテレビ系)のアシスタントMCに抜擢された。同番組は、生活の中にあるさまざまな〝謎〟を独自の切り口で調査するバラエティーだ。

「2018年9月、夫・渡部建との間に第1子出産を報告し、その後に〝仕事復帰〟を果たしたものの、育児の忙しさもあってか控えめな露出が続いていました。佐々木がバラエティー番組にレギュラー出演するのは、およそ7年半ぶりとなります」(テレビ雑誌編集者)

夫の渡部の活躍ぶりばかりが話題になる佐々木には、根も葉もない〝不仲説〟の他、セクシー展開のウワサが絶えなかった。それもこれも、ろくに仕事がなかったからだろう。

「過去に女性誌では、全裸に近いものをやっています。女性に向けたものですが、あまりの美しさに当然、男性からも注目を浴びました。なので、再びセクシーをやって話題を取ろうと発想したとしても不思議ではありませんでした」(芸能ライター)

 

お互いが仕事を頑張るほど噂が…

番組アシスタントMCという大きな仕事が決まるまでは、オフィシャルホームページなどをのぞいても、これという仕事がなかった佐々木。何はともあれようやく本格的な〝仕事復帰〟となり、何よりなのだが…。

「一時期、佐々木は〝演技のヘタな女優〟として各種ランクで1位になるのが常でした。『怒り顔のシーンで目が笑っている』などと、演技そのものの評価が散々。そのためテレビからお呼びがなくなり、舞台に走ったものの、そちらもダメでした」(同・ライター)

ドラマは2017年、『デイジー・ラック』(NHK)が最後。舞台は15年、『ブロッケンの妖怪』、映画は18年、『伊藤くん A to E』に出て以来、女優としての仕事はなし。

「渡部はご存じの通り、グルメや映画、スポーツに音楽など、お手軽キャラでありながらどんなジャンルでもプロ顔負けで深く語ることができる、芸能界でもトップクラスの売れっ子。佐々木とすれば、渡部に依存するに越したことはないのです。そんな渡部は忙しさ故に、衣裳部屋の名目で別部屋を持っているといわれ、それが〝別居→離婚〟のウワサのもとになったといわれています。佐々木にセクシー露出が囁かれたりしたのも、1人で頑張らざるを得なくなるからなどという話が独り歩きしたからでしょう」(写真集編集者)

渡部が仕事を頑張り、佐々木も負けじと頑張れば頑張るほど、ウワサがくすぶってしまうのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】