吉高由里子『東京タラレバ娘』SPで“相手役”のイケメン俳優を選別中!

吉高由里子

(C)まいじつ

女優の吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が出演するドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)が今夏、スペシャル版で復活する。同作は2017年に連続ドラマとして放映。平均11%超えの高視聴率を記録するなど好評を博した。

「前作で吉高が演じたのは30歳独身、彼氏ナシの売れない脚本家・鎌田倫子。倫子は夜な夜な、ネイリスト・山川香(榮倉)や居酒屋の看板娘・鳥居小雪(大島)と女子会を開催。30代独身女子の〝生態〟を描いて話題となりました」(テレビ雑誌編集者)

3人集まれば「カレ氏欲し~」に始まって「あのとき、こうしてタラ~」「もし、こうすレバ~」といった〝タラレバだらけ〟の会話を展開。彼女たち自身は「なぜ、こんないい女に、縁がないの」と不満タラタラだった。

「今夏スペシャルでは榮倉が結婚。吉高にも彼氏がデキてラブラブということになっています。しかし結婚したばかりの榮倉は以前と変わらず、大島の実家が経営する居酒屋に通い、吉高や大島にグチりまくり。吉高も順調を装っていても、何か交際に引っ掛かりを持っている。大島は好きな人がいるのか、なかなか本当のことを言わない。またまた三者三様の恋愛ドラマが始まるのです。吉高が主演を演じると、パロディーでもリアリティー度が高い。それは恋愛経験がなせるからでしょう。これまでにイケメン共演者たちと浮名を流してきましたらね」(同・編集者)

 

吉高由里子のオメガネにかなう相手を募集中!?

まだ共演俳優の名前は発表されていないが、期待は高まるばかりだ。吉高は、今年1月期のドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)に主演。平均視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、土俵際でスベってしまったような印象を受ける。

「業界内で吉高は、石原さとみ、北川景子と並んで〝10%取れる女優〟として期待値も高い。『知らなくていいコト』は平均10%を切ってしまいましたが、『タラレバ娘』は人気シリーズなだけに高視聴率が期待されています。さらに話題性を上げるため、吉高は恋愛スキャンダルを自ら仕掛ける可能性もあるでしょう。そのため制作サイドは、スペシャルでは吉高のオメガネにかなう相手を模索中なのです」(日本テレビ関係者)

映画『蛇にピアス』ではヌードを披露していた吉高。話題性という意味では、一肌脱ぐという武器を使ってほしいものだが…。

 

【あわせて読みたい】