松山ケンイチ“変わり果てた姿”に騒然…「山小屋で珈琲を淹れる人?」

松山ケンイチ 

(C)まいじつ 

松山ケンイチ&小雪夫妻の近影を、『女性自身』4月14日号が報じた。ネット上では松山の〝変わり果てた姿〟に「ウソだよね?」「小ぎれいなホームレス」などと、衝撃を受ける声が続出している。

昨年から、田舎と都会で二重生活を送っていることを明かしている松ケン夫妻。同記事によると、小雪が東京・表参道に現れたのは3月下旬。写真には、お目当ての子ども服を購入し、店員と仲むつまじくあいさつを交わす様子が収められている。また、同記事に付随する形で、松山が子どもと自転車でお出掛けする写真も掲載。自転車のカゴには子ども用のキックボードが積まれており、どうやらこれから遊びに行こうとしているようだ。

「その松山の姿がトンデモないことになっています。というのも、髪型は『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』をリリースしたころの西城秀樹さんばりのボリューム感たっぷりのロングヘア。口ひげも顎ひげも〝もっさもさ〟状態で、顔全体が毛に覆われそうな勢い。そんな彼が、茶色のフリース素材のようなラフなファッションに、大きなサングラスをかけて自転車をこいでいる… まさに不審者そのものです」(芸能ライター)

 

職質されそうな風貌に驚きの声!

松山の近影はネット上でも話題になっており、

《何だか職質されそう》
《もう松ケンのどんな姿見たって驚かないぞ!って思ったけど、髭面やば過ぎなww》
《なすびに見えた私はダメですか》
《佐村河内?》
《結構な田舎住まいだけど、ここまでモサイ人は見たことないww》
《山小屋でこだわりの珈琲を淹れる寡黙なマスター》

など、驚く声とともに〝例えツッコミ〟を入れる声が多く上がっている。

「松山といえば、体重を何キロも増減させるなどの役作り、休日返上で演技の反省など、役者業にかなりストイック。しかしここ数年は、周りが見えなくなるほどの『ストイックさはやめた』と公言。〝いい意味でテキトーに生きること〟をモットーに、オフのときはなるべく自然な心と身体で、家族とともに田舎でのスローライフを満喫しているようですよ」(芸能記者)

先ごろ、「玄米食を食べているおかげで、インフルエンザにかからない」と独自の〝ウイルス対策〟を明かしていた小雪。ナチュラルな志向は、夫婦で共通しているようだ。

 

【あわせて読みたい】