元AKB・島崎遥香YouTube進出に厳しい声「需要ある?」「鼻変わった」

島崎遥香 

(C)まいじつ 

元『AKB48』の島崎遥香が26歳の誕生日を迎えた3月30日に、自身のYouTubeチャンネル『ぱるるーむ』を開設。19時からは生配信を行った。

島崎は「YouTubeのみんなはじめまして~、お元気ですか~」とあいさつ。自身の誕生日ということで、ケーキを食べながら配信を始めた。彼女のYouTube進出に、ファンからは、

《ぱるる久しぶりー。相変わらずかわいいね。動画配信楽しみにしてます》
《待ってました。これからどんな配信するのかワクワクです》
《ぱるる誕生日おめでとうございます。記念すべき日にユーチューバーデビューですね》

など、喜びの声が上がった。

「AKBでは神セブン入りした島崎ですが、グループ卒業後は鳴かず飛ばずで、最近はほとんどテレビで顔を見ることがなくなりました。NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』や映画『翔んで埼玉』に出演した後は、オファーが激減し、一時は東京・新宿の焼肉店でアルバイトをしている様子を写真週刊誌にスクープされています。もともと〝塩対応〟で有名でしたが、それも人気があったからこそできたこと。モデル体型なわけでもなく、演技力もイマイチの島崎が行き着いた先が、YouTubeだったというわけです」(芸能ライター)

 

鼻の整形疑惑も噴出!

本人にしてみればユーチューバーに転身し、何とか再ブレークといきたいところだが、実際の配信を見るとどうやらそれも難しそうだ。ネット民からは辛らつな意見が殺到している。

《ぱるるの配信見たけど、ちっとも面白くなかったな。どうせすぐに飽きてやめそう》
《常にやる気なさそうだったけど、まだまだ稼ぐ気はあるんだな》
《鼻の形が変わったよね? 昔は鷲鼻だったのに…》
《多分鼻をイジったよな。整形に偏見あるわけじゃないけど、違和感あるのは否めない》
《かわいいとは思うけど、今さら需要あるのか?》

「初めての配信は現在、3.5万回の視聴回数で、まずまずといえますが、島崎の知名度を考えたら今後も決して順風満帆とは言えないでしょうね。本人としては、AKBの先輩である柏木由紀のチャンネル『ゆきりんワールド』レベルに持っていきたいと考えているようですが、かなり難しいと思います。古参の柏木もアンチが多いことで知られていますが、デビュー初期からの根強いファンが支えることで、それなりの視聴回数を稼いでいます。塩対応でファンを切り捨てた島崎が、今さらファンにすり寄っても、戻ってくる人はほとんどいないと思いますよ」(アイドル雑誌ライター)

パジャマ姿で自身の誕生日を祝う様子はアイドルならではといえるが、26歳になった今の島崎には少々、無理があるのも確か。いっそのことセクシー路線に切り替えた方が喜ぶ視聴者が多いのは間違いないだろう。

 

【あわせて読みたい】