『格付けチェック』徳光和夫の“下品すぎる”行動に批判「行儀悪すぎ」

徳光和夫 

(C)まいじつ 

3月31日放送の特番『芸能人格付けチェック BASIC~春の3時間スペシャル~』(テレビ朝日系)に徳光和夫が出演。クイズに正解し、大喜びした際に徳光がとったある行動に視聴者は呆れている。

高級な飲食物、楽器を見定める同番組で、徳光は立川志らくとチーム「新旧朝の顔」を組むことに。徳光は「何のために78年間生きてきたか」 と自信満々の様子。立川に軽く会釈をしてからスタンバイルームに向かって最初の問題に挑戦した。

 

正解して大喜び「見てみろこのやろう!」

最初の問題は、目隠しされた状態でAのワインとBのワインを飲み比べ、どちらが赤ワインなのか当てるというもの。徳光は「A」を選び、『霜降り明星』の2人と賀来千香子、古田敦也とともに、MCの浜田雅功が部屋に入って正解を告げるのを待った。

浜田が入室し正解が分かると、一同はソファから立ち上がって大喜び。そして徳光はただ一人、ソファの前にあったテーブルにスリッパのまま乗って浜田と両手でハイタッチを交わした。

その後、牛、馬、サメの肉を目隠しして食べ、牛肉はどれか当てる問題でも、志らくとともに見事に正解。徳光は再び喜び勇んでテーブルの上に立ち、「ほら見ろ!お前ら見てみろこのやろう!」と巻き舌で叫んで浜田に抱き付いた。

徳光と言えば「ギャンブル狂」として知られ、賭け事ではアナウンサーらしからぬ発狂ぶりを見せつけて視聴者をざわつかせてきた。この日もクイズに正解しては狂喜乱舞を繰り返したが、テーブルに両足をのせる振る舞いに視聴者は半ば呆れていた。

《子供たちも見てると思うのに……行儀悪すぎます!!》
《品がなさ過ぎるw行儀悪いw普通に格下やないかww》
《もはや徳光さんと板東英二は同レベルでやばいおじいさんだと思ってる》
《格付け見てますが、徳光さんからクソジジイに格下げです。テーブルの上に乗るなよ!》
《どんだけ嬉しくてもテンション上がってもテーブルの上に上がるやつは嫌い。徳光まじで見損なった》
《スリッパ履いたままテーブルに上がるなんて、下の下だわ》

視聴者からの格付けは最低ランクに落ちたようだ。

 

【あわせて読みたい】