コロナ退散“アマビエチャレンジ”芸能人も参戦して大盛り上がり!

(C)sakueotz / Shutterstock 

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、疫病退散に御利益があるとされる妖怪『アマビエ』が注目を集めている。

アマビエは江戸末期の1846年に肥後国(現在の熊本県)の海に出現したとされる妖怪。「病が流行したら私の姿を写して人々に見せよ」と告げて海に帰ったという言い伝えから、疫病退散に御利益があるといわれている。

今年2月以降、この言い伝えがツイッター上に拡散。SNS上では、自作のイラストやぬいぐるみなどを公開する投稿が急増している。

「3月6日には京都大学附属図書館が、《新型コロナウイルス感染拡大防止のため、利用者のみなさんにはいろいろとご迷惑をお掛けしております。疫病の際に絵を描いて見ると良いとされる妖怪アマビエを置いておきますね。貴重資料デジタルアーカイブで公開されておりますのでご活用ください》とツイート。アマビエの資料画像をアップしました。また、それに続き、『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる水木プロダクションの公式アカウントが、水木しげるさんが描いたアマビエの原画を『現代の疫病が消えますように』とのコメントとともに掲載。現在、10万近いリツイートと、約20万の〝いいね〟が寄せられています」(ネットメディア編集者)

 

感謝の声や爆笑の声が続出

これらの投稿に、ネット上からは、

《早く新型コロナウイルスが終息しますように。印刷して財布に入れておきます》
《何かカワイイ。でもこれでコロナ撲滅だ!》
《鬼太郎でアマビエのこと知ったんだけど、そうか、コロナにも効くんだな。水木さんありがとうございます!》
《次の鬼太郎の放送時にはぜひ、新型コロナウイルスを撃退するアマビエを登場させてもらいたい》
《京大図書館の人ありがとうございます。勉強になりました!》

などといった声が続出し、大反響を呼んでいる。

「芸能界では、研ナオコやカズレーザーが〝アマビエのコスプレ〟を披露。研は《コロナ撃退のためにはここまでやらねば》というコメントを添え、インパクト抜群なコスプレ画像を投稿しました。フォロワーたちからは爆笑の声が上がっていましたよ」(芸能記者)

ツイッターで「#アマビエチャレンジ」と検索すると、さまざまな人がアマビエに関するツイートを投稿中なのが分かる。『ちびまる子ちゃん』公式アカウントは、「まる子も #アマビエチャレンジ してみたよ」というコメントとともに、『コジコジ』に登場する「次郎君」を描いていた。

まだまだ終息の兆しが見えない状況が続くが、アマビエが新型コロナを撃退してくれると信じ、日々節度ある行動を心掛けたいものだ。

 

【画像】

sakueotz / Shutterstock

【あわせて読みたい】