『モニタリング』綾野剛のドッキリに苦言「マスクの無駄づかい」

綾野剛 

(C)まいじつ

綾野剛が4月2日放送の『モニタリング』(TBS系)で、スタジオの近藤春菜、小杉竜一らに対してドッキリを仕掛けた。見事に出演者をだますことに成功したが、綾野が変装するために着けていたマスクに「無駄遣い」などとツッコミが相次いだ。

ドッキリは、綾野がカメラマンに扮してスタジオに入り、出演者に気付かれないように振る舞うというもの。綾野たっての希望で、収録スタート5時間前にスタジオ入り。変装部屋でカツラやヒゲを準備するようスタッフから促されたが、綾野は事前にスタッフの写真などをもとに研究してきたと主張。私服を工夫してカメラマンのような〝いでたち〟になるよう準備し、変装は不要と言い切った。

 

しきりにマスク外し「面」をあごに…

綾野はドッキリに全精力をかけると宣言。「今、ちょっと大変な時期になってきてるので」 と前置きした綾野は「『モニタリング』という人気番組がどのように作られているのか(を見てほしい)」「こんなときだからこそ、テレビの力を信じてほしい」と動機を口にし、マスクを着用してカメラマンになりきった。

スタジオに入る前、笹野高史と小泉孝太郎を相手にそれぞれインタビュー。ダテ眼鏡にマスク姿の綾野は2人に接近するなどしたが気付かれず、インタビュー終了後にガッツポーズを見せた。

いざスタジオに潜入した綾野は眼鏡を外してマスクのみを着けていたが、出演者が自身に気付かないことに手応えを得た様子。マスクをズラして口元を露出しても、気付かない出演者の姿を見やり笑みを浮かべた。

打ち合わせ時もしきりに綾野やスタッフがマスクをズラす場面が立て続けに流れていた。

今回の撮影時期は明かされなかったが、綾野やスタッフのマスクの着け方に視聴者は違和感を示していた。

《いつごろの収録か分かりませんが、すごく残念》
《マスク外して会話してたんじゃ意味なくないかな、、》
《顎マスクするならマスクしてる意味ないしつけるのやめれば?》
《撮影日が昔だからとしても今その姿を放送するのはどうかと思った》
《声だしとかのために割りと顎マスクだったり鼻下マスクなの?マスク外せば……?》

綾野にとっては思いもよらぬ指摘だったろう。

 

【あわせて読みたい】