志村けん逝去で“泣き顔自撮り”投稿モデルにツッコミ「何で撮ったの?」

志村けん 

(C)まいじつ 

先月、志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。親交のあったモデル・竹下玲奈が3月31日、自身のインスタグラムを更新し、悲痛な思いを〝泣き顔の自撮り写真〟とともに訴えたことが物議を醸している。

竹下と志村さんは、いわゆる〝飲み友達〟。互いのインスタには、かなりの頻度で酒宴中の写真が投稿されており、その近過ぎるキョリにファンからは熱愛を疑う声が飛び交うほど深い親交があったようだ。

そして、志村さん亡き後、ファンからは竹下を心配するコメントが続出していた。そんな声を受けた竹下は31日、インスタで《皆さんにたくさんのコメントいただいているので ありがとうございますとせめてお返事しようと… あ~~ダメだ…》などと更新。涙を拭うようなポーズの痛ましい自撮り写真を公開した。

 

木下優樹菜も投稿してたよね…

「数日前には志村さんの誕生日をお祝いし、毎週のように飲んでいた竹下。そのショックは計り知れないと察することができます。しかし、泣き顔をわざわざ撮って投稿することについては、『そんな余裕あるんだ…』と邪推されてしまっているようですね」(ネットメディア編集者)

実際に、安室奈美恵が引退表明した際、大ファンだと公言していた木下優樹菜が竹下同様〝泣き顔〟を自身のインスタグラムにて公開。《涙がとにかくとまらなくて 言葉にならず、お友達に送ったやつ》として、安室の曲を流しながらひたすら泣きじゃくる15秒の自撮り動画と、娘に慰めてもらっている1枚の写真をアップしていた。

すると、ネット上では、

《泣きながら自撮りはさすがに草》
《本当に悲しいときに自撮りして泣けるかな?》
《うざいんだけど。バッカじゃないの!》

などと、冷たいツッコミの声が続出。〝泣いたアピール〟を受け入れる人は少ないようだ。

「今回の竹下の場合、内容が内容だけに大きくたたかれてはいません。しかし、《悲しいのにそんな写真載せるんだと思った。わざとらしい》《泣いてるところ誰が撮ったんだろうね》《何で撮ったの?》などと、密かにツッコミを入れる声が上がっています」(前出のネットメディア編集者)

この泣き顔が1回目のテイクで撮れた写真であることを信じよう…。

 

【あわせて読みたい】