「謝る必要ない」宮藤官九郎“コロナ拡大疑惑”に反省・謝罪ゼロで批判続出

宮藤官九郎 

(C)まいじつ 

3月31日に新型コロナウイルスに感染したことがわかった脚本家の宮藤官九郎が、6日に放送されたラジオ『ACTION』(TBSラジオ)にコメントを寄せた。感染前、宮藤の行動に疑問を抱いている視聴者からは、その内容に不服を唱える声が多くあがっている。

同ラジオでは、《(金曜パーソナリティーの)武田砂鉄さんには「謝る必要はない」と言っていただきましたが、月曜日の3時半から僕のせわしないしゃべりを楽しみにしてくださっている奇特なリスナーのみなさんには、申し訳ない気持ちでいっぱいです》と、出演できなかった宮藤からの謝罪コメントを紹介。

症状について《新型コロナウイルスはうわさ通り手強く、しぶとい》としながらも、《少しずつ快方に向かっています》と経過を報告した。

「本人サイドから感染経路は明らかにされていないものの、3月20日に渋谷のライブハウスで開催されたライブ『大衆キャバレー・ニューヤナギヤ』に参加したことが感染の原因である可能性が高いとする声が多くあがっています」(芸能ライター)

そしてその頃は、既に政府からイベント開催自粛要請が出ていたのだが…。

 

自粛要請中のライブハウスで感染か…

「ライブ主宰者・柳家睦が『マスコミはライブハウスが感染源みたいな事言うてるけどさ来てみなよ』『バンド、客、ライブハウス皆、危機管理が高い』などとツイッターでイキがってライブを強行。それに同調した宮藤はそのライブを鑑賞し、その結果クラスターが発生して、主宰者、客もろともコロナ陽性となったという線が濃厚です。感染拡大の一端を担った挙句、『まさか自分が、と過信してしまいました』などと呑気なコメントを発した宮藤に、非難の声が集まっていますね」(同・ライター)

ラジオでの謝罪コメントは、あくまでも出演が叶わなくなったことに対してのもの。自らの過ちを如何としても認めない、またリスナーに外出自粛を呼びかけるでもないコメントに対し、

《自分勝手な行動を取るとこういうことになるという、悪い見本として多くの人に知ってもらった方がいい》
《この人にはガッカリした。自分がクラスターで感染したなら、反省して少しでも若い人達に呼びかけてほしいのにそのことについて一切触れないですね》
《これは謝る必要あるでしょ。自分はかからないと過信してクラスターのおそれのあるライブハウスに行っちゃってるのだから》
《宮藤官九郎、今後生活費などを政府に援助してもらうとか絶対にやめてほしい》

などとますます批判の声が高まっている。

今は治療に専念し、全快した暁には元気な姿を見せてほしいものだが…。

 

【あわせて読みたい】