指原莉乃“コロナで無傷”発言に批判続出「今それ言う?」「引くわ…」

指原莉乃 

(C)まいじつ 

4月5日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に指原莉乃が出演。新型コロナウイルスに対する不安を語ったところ、思わぬ批判を招いてしまった。

今回の番組では、冒頭にコロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんを特集。そのままゲストコメンテーターたちに、コロナで仕事に影響が及んでいるのか問うた。歌手の西川貴教などが現在の苦境を明かす中、MCの東野幸治から「指原さんはどうですか? AKBグループとかいろいろな影響を受けていると思うんですけど…」と指原へ質問が。

指原は「私自身はもう卒業しているので全然影響がないんですけど、やっぱりコンサートとかはできないですし。でも私は逆に、自分が全く仕事に影響が出ていないのがすごく怖くて…。何もなくなってないし、TBSの1本だけバラシ(中止)になっただけであとは変わらずやっているし、変わらずADさんが持ってきた食事を食べて『おいしい』といっている」「それを『おかしい』って言ったら、私がおかしいみたいな風潮になっちゃうがあるし。なので今日はこうしてきているけど、すごい怖いなって…」と率直な心境を明かした。

 

芸能界最上位層の指原は無傷?

これには

《その感覚大事だし、俺も、ワイドなショーやサンジャポ含め、収録なんて中止にすべきと思う》
《遠回しに収録し続けてるのがおかしい!って言いたいんでしょ 本当にその通り!》

など共感の声があがった。

しかし〝仕事に影響が出ていない〟という言葉は視聴者の鼻についたようで、ネット上では

《売れっ子アピール引くわ》
《なんか腹立つ》
《世界中が困ってる中、今、それ言うか》
《自粛したいですけどできない状況ですって言いたいなら言い方考えろよ》
《この言葉言う必要あった?と思いながら観てた》

といった批判も寄せられている。

「指原の言葉は、決して売れっ子アピールなどではありません。しかし現在、〝売れっ子だけが無傷〟という事態が発生しています。例えば『王様のブランチ』(TBS系)では、MCや主要キャストはスタジオ出演、次に重要なキャストは中継で出演。そして、いつも後列で雑多に座っている〝ブランチガール〟は消滅と、明らかに〝格〟で対応が変わっています。指原が無傷の裏で、どんどん切り捨てられているタレントたちが大勢いるのです」(芸能記者)

指原にとっての不安は、世間では贅沢な悩みなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】