『イッテQ!』出川哲朗の“セクハラ”にドン引き「天然なフリして気持ち悪い」

出川哲朗 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月12日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、出川哲朗と堀田茜が南米のペルーを旅した。2人が宿を手配する際の出川のある提案が、視聴者の間で物議を醸していた。

ペルーでの1日目の夜、午後7時半になり翌日の列車のチケットを購入。ここで出川、堀田はこの日に泊まるホテルを自分たちで予約することに。スタッフ側が指定したルールで、1人当たり1万円以下(約300ソル)の部屋に泊まるよう指示された。日本から同地まで泊まることなく、45時間程度ぶっ通しで旅し続けてきたという2人は、疲労困憊になりながら宿を探した。

 

堀田茜に「一緒に泊まらない?」

途中、出川は堀田に相部屋で宿泊しないか提案。「1部屋にすれば600ソル(2万円分)使える。どうよこの作戦?」と誘ったが、堀田は「嫌です」とすぐに断った。

それでもホテルが見つからず「これはもう、ワンルーム作戦しかないって」と再び誘った出川に、疲労がピークに達した様子の堀田は「ぶっちゃけ、最悪(それでも)いいです」とポツリ。「え、いいの?」と聞き返した出川に「あ、でも嫌です、やっぱり」「疲れたあまり早く休みたいから血迷っちゃいましたけど…」と再び断った。

このシーンに対し、ネット上では、

《出川くん宿泊ホテル決めないって…入国できるの?》
《マジで一瞬出川と茜さんが一緒の部屋に泊まるのかと思ってドキドキしてた》
《出川きもい~ 天然なフリして茜って女の人と一緒の部屋に泊まろうとしてるのすごい気持ち悪いー》
《「血迷った」というくらい嫌なんかwww》
《ホテルを決めないで海外旅行するってstrongスタイルだなぁ》

などといった声が上がっている。

堀田と相部屋になっていたら出川は何をしようとしていたのだろうか。

 

【あわせて読みたい】