アンジャ渡部がLiLiCoの旦那に無礼を連発!「エラくなったもんだ」

渡部建 

(C)まいじつ 

新型コロナウイルス感染対策として、出演者が〝テレワーク〟で出演する番組が増えている。各番組の様子も大きく変わっている中、『アンジャッシュ』渡部建のボケが「ワンパターン」「しつこい」と批判を浴びている。

4月7日、渡部はレギュラーを務める『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にテレワークで出演。自宅からテレビ電話でスタジオと中継を結び、オープニングトークでは「これ通常通りギャラはいただけるんですか?」とボケる〝つかみ〟で番組を盛り上げた。

4月11日放送の『王様のブランチ』(TBS系)でも、渡部は他の出演者とともに楽屋からの中継にて出演。さらにこの日は、映画コーナーを担当しているLiLiCoも自宅からテレワークで出演し、何と夫である『純烈』の小田井涼平もひょっこりと登場した。

 

ワンパターンなボケと小田井への失礼さに批判

小田井の思わぬ登場に一同は盛り上がり、番組はそのまま進行していくことに。LiLiCoの「今日はお家にいながら楽しめる名作映画、そして大自然が感じられる映画をたっぷりと紹介します」というコメントの後、VTRに移ったが、渡部は移行の直前に「小田井さんギャラ払わないからね」とのイジリをぶち込んでいった。

さらに、渡部はVTR後も、ギャラをネタに小田井イジリを展開。しかしワンパターンなコメントは視聴者の飽きを招いたようで、「ヒルナンデス!」の件と併せて、

《ひでー笑 何回もギャラの話しなくても、、、かわいそう》
《LiLiCoさんの旦那さんに何度もギャラ払わないと言い続ける渡部がウザいしつこい》
《ヒルナンデスでも同じボケしてたし、これしか言えないのか》
《旦那さんが出てるのに「ギャラは払わないからね」と三回も言うことないだろ》
《「ありがとう」くらい言えないのかね》
《渡部もエラくなったもんだ》

などといった批判を巻き起こした。

もはや完全に〝芸人〟ではなく〝グルメタレント〟に成り下がってしまったのか…。

 

【あわせて読みたい】