和田アキ子“医療界はバブル”発言が大炎上「あまりにも不謹慎」

和田アキ子 

(C)まいじつ 

4月12日に生放送された『アッコにおまかせ!』(TBS系)での和田アキ子の発言に、視聴者から非難が集中している。

番組はこの日からソーシャルディスタンス(社会的距離)確保として出演者同士が離れた場所に座り、新型コロナウイルス対策を取りながら番組を進行。トップニュースもコロナ関連の話題で、緊急事態宣言の発令や『報道ステーション』(テレビ朝日系)富川悠太アナウンサーの陽性発覚を報じていった。

1週間の話題をまとめたニュースVTRが終わると、出演者によるスタジオトークに移り、新型コロナウイルスの解説役として長野保健医療大学の北村義浩特任教授が登場。すると和田は、「もうはっきり言って先生、今ものすごく忙しいでしょ?」と質問し、北村教授も「新しい情報いっぱい上がって来ていますので、勉強するのに忙しいですね」と多忙さをにじませる。

和田は勉強熱心な北村教授に感心し、「まぁ素敵なことおっしゃる」と返答。しかし、続けて「いろんな方(専門家)をテレビで拝見しますけど、失礼な言い方ですけど、先生方の間で今はバブルじゃないですか?」と、まるで新型コロナ問題によって学界や医療界がにぎわっているかのような軽率な質問を投げ掛けた。

 

スタジオも一時重い空気に

あまりに軽はずみな質問だったため、これを聞いた北村教授は、顔がこわばって硬直した状態に。しかし和田は「もう皆さん(テレビでの解説に)たいっへんで…」と続けざまに言葉を発し、北村教授は「まっ、そのっ…出演機会が増えるという意味では…」と、実に答えづらそうに返答していった。

当然ながら、和田の質問はあまりに無神経かつ不心得なものであり、ネット上には、

《何万人も亡くなっている方がいる中で、あまりにも不謹慎です》
《コロナのせいで命の選別する瀬戸際なのによくこんなこと言えるな》
《こんな非常識人を公共の電波に乗せるなよ》
《謝罪させないと絶対ダメ》
《和田アキ子ほどともなると、テレビ出演している専門家に「コロナのおかげでバブルでしょ?」と無意識に平然と言うんだね》

などと批判が殺到。勝俣州和と『NON STYLE』井上裕介の「答えづらいですよね!?」「(テレビ出演が)良いか悪いかで言ったら答えづらいところですから」というフォローで何とか笑いに変わったが、スタジオにも一時重い空気が漂っていた。

報道番組ではなくワイドショーといえど、和田はもっとテレビメディアに関わる人間としての自覚を持つべきだろう。今後はチャカすのではなく危機感を呼び掛け、〝警鐘〟という名の「あの鐘」を鳴らしてほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】