香取慎吾“月9主演”のウワサ! フジテレビ『新しい地図』抱え込みか

香取慎吾 

(C)まいじつ 

『新しい地図』の稲垣吾郎、草彅剛に続き、今度は香取慎吾のドラマが決まりそうだという話が、テレビ界で囁かれている。稲垣はすでにNHK連続テレビ小説『スカーレット』に出演。草彅は来年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』に出演予定だ。2人はNHKだが、香取は一転、民放のフジテレビ。来年の‶月9〟の目玉として主演が想定されているという。

「香取は、民放では単発ながら日本テレビに萩本欽一と一緒に出たり、フジテレビでは内村光良がMCを務めるバラエティー番組にゲスト出演しています。そろそろ民放のドラマに香取の出演が決まってもおかしくない状況なのです」(テレビ雑誌編集者)

今、民放は日本テレビがジャニーズ局と呼ばれ、ジャニーズ事務所とベッタリだ。かつてはフジがジャニーズ局だったが、いつの間にか日テレに持っていかれた格好だ。

「日テレは『嵐』の番組、櫻井翔はキャスター、相葉雅紀は司会に加えて、ドラマでも起用するなど徹底的にヨイショしています。亀梨和也までキャスターで出ているし、事務所全体への扱いが違う。視聴率もいいし、フジから日テレに乗り換えたのは当然でしょう」(同・編集者)

 

フジテレビのジャニーズ離れが加速する

しかし、『嵐』は今年いっぱい、あるいは東京五輪後に活動休止に入る予定。実質の解散といわれている。

「フジとしては、今どんどん勢いが落ちているジャニーズより『新しい地図』を買った可能性もあります。稲垣、草彅、香取ともドラマはできるし、もちろんバラエティーもイケる。しかも香取はアーティストとして、4月にNHK『SONGS』に出たばかり。フジとしてはさまざまな番組で香取を使うこともできる。香取をきっかけに稲垣、草彅も取り込む予定じゃないですか」(民放キー局関係者)

草彅に関しては、フジの系列局である関西テレビがヒットドラマ『銭の戦争』の続編に使いたいと名乗り上げているという話もある。

「フジとしては香取をキッカケに、今度は『新しい地図』を局として抱えたいのかもしれません。正直、ほころびだらけでドロ船に近くなったジャニーズに、今さら機嫌を取ってもマスコミからたたかれるばかり。見飽きたジャニーズより、一周回った香取の方が新鮮でしょう」(ジャニーズライター)

1990年代、『光GENJI』解散でジャニーズ崩壊の危機に至ったのは語り草。やはり『SMAP』の解散は、想像以上にダメージが大きいようだ。

 

【あわせて読みたい】