『テラスハウス』がコロナで配信中止…「終わりでいいよ」の冷めた声

(C)ShotPrime Studio / Shutterstock

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リアリティー番組『テラスハウス』のNetflix配信が一時休止されることが発表された。

同番組は、シェアハウスに同居する男女6人の生活を描く人気シリーズ。4月14日の放送で今シリーズは40回目の放送を迎えたが、41話以降の配信日は未定に。配信再開は今後、公式SNSなどで告知されるという。

13日、番組公式ツイッターは《TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020 は、CASTやSTAFFの安全と健康を最優先に考え、現在撮影を停止しております。楽しみにしてくださっている皆さまへは申しわけございませんが、第40話をもって、配信を一時休止とさせていただきます》とツイートしている。

この知らせに視聴者からは、

《やはり中止になったか。楽しみにしていたのに残念》
《舞台がシェアハウスだからね。さすがに放送は無理だろう》
《編集作業も三密だろうし、こればかりはしょうがない。再開を楽しみにしています》

など、残念がる声が上がった。

 

配信中止とともに番組不要論も噴出中!

「舞台がシェアハウスで、男女が共同生活を送るストーリーなだけに、昨今の状況を考えると放送は自粛せざるを得なかったのでしょう。同番組は2012年にフジテレビ系列の『COOL TV』枠内で放送が開始されると、瞬く間に大ヒット。シェアハウスブームをけん引することとなりました。しかし、近年は共有スペースでの混雑や騒音トラブル、住人同士の人間関係の難しさなどのデメリットが伝えられるようになり、ブームは一気に終息。シェアハウス自体がすでに時代遅れになってしまったことや、番組開始当初から指摘されていた‶ヤラセ疑惑〟も依然くすぶっており、かつてのような人気は見られません。今回の配信一時停止をきっかけに、一部関係者からは‶番組不要論〟まで出ているといいます」(エンタメ誌記者)

実際にネット上からも、

《良いタイミングなので、このまま終了して下さい!》
《東京編は出だしから全然面白くなかったから、ここで終わりでいいと思う》
《今シリーズはつまらなかったのでそろそろ視聴やめようと思ってた。丁度よかった》
《台本あるんだから期間が空いても番組的には問題ないもんな》

など、厳しい声が聞こえてくる。

新型コロナウイルスの影響で、まさかの番組不要論まで飛び出してしまったテラスハウス。無事、番組が再開するまで、ファンだけはヤキモキする日が続くだろう。

 

【画像】

ShotPrime Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】