ブルゾンちえみ“やはり”嫌われていた! 退所理由が暴露されたワケ…

ブルゾンちえみ 

(C)まいじつ 

出演番組スタッフからヘイトを買っていたとウワサされている〝ブルゾンちえみ〟こと藤原史織に、今度は元事務所との軋轢説が飛び込んできた。

藤原が元所属事務所『ワタナベエンターテインメント』を退所したのは3月末。同時に芸名から本名へと改め、インスタグラムでは《やりたいこと、かなえたい目標、心がワクワクすること、挑戦したいこと》を《片っぱしからやってく人生》にするため、ヨーロッパ留学へ行くことも発表した。

当時の藤原が強調していたのは、事務所からの退所が〝円満〟であること。インスタ投稿の冒頭でも《円満退社します》とわざわざアピールし、各メディアでは言葉の裏に潜む意味を勘繰られていた。すると、『週刊文春』4月2日号により、やはり円満アピールには軋轢を隠したい意図があった可能性が浮上したのだ。

 

「文春」報道からも伝わる人望のなさ

「文春」でつづられたのは、藤原退所の内情。記事によると〝円満退社〟は表向きであって、実際は「お笑いの仕事以外もしたい」藤原と、お笑いの仕事ばかり入れる事務所との確執だったという。

藤原は女優やアーティスト系統の仕事がしたいのに、事務所が取ってくるのはバラエティーのロケやひな壇の仕事ばかり。彼女はこうした扱いに「我慢の限界」だと心底嫌気が差し、昨年に退所を申し出た際は、双方が弁護士を立てる泥沼の話し合いに発展したことが暴露されている。

「芸能界では事務所の力が強いので、移籍トラブルではタレント側を応援したくなりますが、ちょっと今回に関しては『ナベプロ』に同情しますね。大体、事務所の取ってくる仕事が、本人の意向と合わないなんてよくある話。今や大女優の綾瀬はるか、新垣結衣、吉岡里帆も、若手時代は嫌々グラビアをやり、そこで結果を出してのし上がったのです。〝ブルゾン時代〟の藤原といえば、最初に勢いで大ブレークしただけで、その後は実力のなさがポロポロとあらわになった典型的な一発屋。そもそも次のステップに進めるほどの働きも結果もありませんでしたし、このステップで自身の意向を要求するなど、『態度だけは超一流』と断じざるを得ません」(芸能記者)

また、こうした内部でのトラブルが報じられる点に、彼女が恨みを買っていたことがにじみ出ているとも…。

「こうしたデリケートな内部事情が明るみになっているあたり、藤原の人望のなさがうかがえます。彼女が芸人という仕事を放棄した勘違い態度で、出演番組のスタッフから嫌われていたとの情報は以前から根強かった。おそらく、退所に関する詳細もこのあたりから漏れ、今回の『文春』報道につながったのでは。業界で好かれているタレントなら、関係者は週刊誌の取材などに協力しませんからね」(同・記者)

日本に帰国せず、そのまま海外に永住した方が幸せになれるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】