『ボンビーガール』の“女性品評”企画に猛批判「胸クソ過ぎる」

クロちゃん 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月14日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)でスタートした新企画が、視聴者から「失礼過ぎる」と大不評を買った。

この日から始動した新企画は、ファッションプロデューサー・植松晃士氏と『安田大サーカス』クロちゃんが、業界専門誌の表紙を飾る女性に会いに行くコーナー。記念すべき初回は酪農関係の専門誌が選ばれ、2人は「ダントツでかわいい」「絶対プロのモデル」と舌を巻くアイドル風美女のもとを訪れることになった。

2人は神奈川県・平塚の牧場を訪れ、表紙を飾った21歳の女性にインタビュー。月収や収支、日ごろの生活ぶりなども聞き、女性は美容について「一応やってるけど、そこまで(お金は)かけられないですね…」と、美容代に月2千円しかかけていないと答える。これを聞いたクロちゃんは、顔をグッと寄せて女性の肌を凝視。「確かにキレイだもんね」とその肌を評すると、植松氏も「キメが細やか」などと美肌ぶりを褒めていく。

 

「企画したヤツ大丈夫?」

女性には自身の牧場を経営するという夢があり、そのために毎月の出費を切り詰めているとのこと。2人はその夢に心を打たれ、容姿も内面も立派だと感服していった。

しかし、企画前半は仕事よりもルックスばかりをクローズアップ。その他、わざわざ押し掛けて容姿と美容グッズを論評するという流れも、冷静に考えればなかなか失礼なもの。視聴者もこうした点に疑問を抱いたようで、ネット上には、

《クロちゃんと植松晃士の新企画胸クソ過ぎる》
《どこかに笑いどころが? 需要あるん? 企画したヤツ大丈夫?》
《オッサン2人が勝手に職場に乗り込んできて、顔の査定から月収聞いて美容にかける金額聞いてダメ出ししたかと思ったら、肌はキメが細かいとかw 余計なお世話しかねぇな》
《業界誌のカバーガールがその業界の人で、コネやかわいさじゃなくて、業界でがんばっている姿がメインでしょ》
《何で勝手に容姿の評価してんの? 発言も失礼。この企画の趣旨なに?》
《は? 何で勝手に容姿の品定めしてるんだよ。若い女性を応援する番組じゃなかったの?》

など、大ブーイングが飛び交った。

公共の電波を使ってやるには、少々下品過ぎた企画のようだ。

 

【あわせて読みたい】