平野ノラ“放送カット&批判続出”の大災難「大人の事情が…」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

4月15日放送の『林修のニッポンドリル 2時間SP』(フジテレビ系)に出演したお笑いタレントの平野ノラが、度重なる災難に見舞われてしまった。

ノラはVTR内のリポーターとして出演し、「金持ち金庫に保管されているモノは何?」という調査を行うことに。まずは銀座の一大貴金属店を訪れ、厳粛な空気の中「ヤッピーでーす」と持ちネタのあいさつをしながら入店する。

店内には純金で作られた彫刻や金貨が並んでおり、商品の高価さを強調するためか、ノラは高い声のトーンでハイテンションにリポート。ダイヤモンドでできた3億円のティアラを特別に試着する場面では、その感激から「あぁ~!」と甲高い声で絶叫する。しかし、このハイトーンとハイテンションは耳障りだったようで、ネット上には、

《平野ノラ、ただただうるさいだけ》
《いちいち冷めるオーバーリアクションがただただうるさい》
《ホンマ!やかましい!ギャーギャーうるさい!》
《高額な宝石目の前にしてテンション上がるの分かるけど…金の延べ棒や宝石にツバ飛んでそう》
《ギャーギャー言えば伝わるわけではないのを学べ》

などといった声が上がってしまった。

 

たたかれ損に終わったゴールデン番組出演

せっかくの2時間特番出演も、視聴者からの批判に遭ってしまったノラ。さらに、この裏では〝他番組の出演シーン全カット〟という災難も起きていた。

ノラは同日にインスタグラムを更新し、《今日放送の「有吉の壁」が他局出演中の裏かぶりでまさかのあたくし全カットです》《かなP~のP~の助け~》とコメント。どうやら「ニッポンドリル」に出演したことで〝裏かぶり〟が発生し、同時間帯に放送されていた『有吉の壁』(日本テレビ系)の出演シーンがすべてカットされてしまったそうだ。

投稿には、先日亡くなった志村けんさんの名物キャラ・バカ殿風のメークをするノラの画像が。せっかく気合いを入れたメークも水の泡になってしまったことが伝わり、コメント欄も、

《えーかなP過ぎるー》
《大人の事情があるんですね》
《放送内容の変更も多くなってきて、テレビ局スタッフさんたちもきっと大変なんですね》

などと、悲しげな様子だった。

「『有吉の壁』は緊急事態宣言発令の会見中継で初回放送が1日ズレましたから、編成には大きな影響が出ているのでしょう。現在、コロナの影響により、各局の番組編成がイレギュラーになっていますから、こうした出来事はこの先も増えそうですね」(制作会社関係者)

片や存在そのものを消され、片や出演したはいいもののバッシングを受けてしまったノラ。何の得もメリットも生まない、つくづくツイてない日となってしまった。

 

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】