元『欅坂46』平手友梨奈“別人レベル”のすっぴんに「憑き物落ちた?」

平手友梨奈 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

今年1月にアイドルグループ『欅坂46』から脱退した平手友梨奈。4月16日、今年秋に公開予定の映画『さんかく窓の外側は夜』の共演者がアップした平手の姿に、ネット上では「別人になっている…」と驚きの声が上がっている。

写真をアップしたのは俳優の志尊淳。平手は志尊と岡田将生に挟まれ、裏ピースをしながらおちゃめに写っている。かすかに笑みも浮かべ、楽しそうな現場の雰囲気が伝わってくる1枚に、ファンからは、

《久しぶり過ぎて涙でる かわいいよ~てち~》
《お2人ともイケメン…そして真ん中に天使がいる写真…需要しかないですありがとうございます》
《てっちゃん、そのピースはズルいよ~! 志尊くん感謝です!》
《てちかわいいぃぃぃぃぃぃぃ 載せてくれてありがとうございます》
《友梨奈ちゃんかわちいいいいいいいい!!!!!!!! ピース何!!!!!!!!可愛い!!!!!!!! ピースの仕方可愛いよ!!!!!!!! スッピンですか!?友梨奈ちゃん!!!!!!!!》

など、大興奮の声が上がった。

 

欅脱退でメンタル向上?

しかしネット掲示板では、グループ在籍時と顔があまりにも違うとして、

《誰だよ》
《こんな顔だっけ》
《こんな短期間でコロコロ顔変わる人も珍しい》
《そらこんなイケメンに挟まれたら憑き物も落ちるわ》
《憑き物どころか化粧まで落ちてて草》

などと、仰天の声が投げつけられてしまった。

「平手が脱退したのは今年1月ですが、メンバーのインタビューによると、2017年末時点で既に脱退したいという思いを抱えていたようです。確かにそれからの平手は、〝激太り〟や〝無気力ダンス〟など、メンタル面が心配されるような行動を起こしていました。辞めたい思いを持ちながら2年間耐えた結果、身体に悪影響が出てしまったのでしょう。これからは、デビュー時のような〝キラキラ〟が戻るとファンは期待しているようです」(芸能記者)

デビュー当初は、清純派系のかわいらしいアイドルだった平手。再びあのころの笑顔を見せてほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】