Kōki,の“手づくりケーキ”に衝撃走る「母親のセンス引き継ぎまくり!」

Kōki, 

(C)まいじつ 

歌手の工藤静香が4月14日、自身のインスタグラムのストーリーを更新。この日、50歳の誕生日を迎えた工藤のため、長女・Cocomiと次女・Kōki,が手作りした誕生日スイーツを紹介したところ、その〝独特な盛り付け〟にネット上では「間違いなく母ちゃんの遺伝子」などと反響を呼んでいる。

この日、CocomiとKōki,は昼過ぎから自身のインスタグラムのライブ機能で、スイーツを作る様子を生配信。パンナコッタを作ったCocomiは、イチゴを飾り切りにしてデコレーションしつつ、時折、材料のイチゴをつまみ食い。一方、ホールケーキを作ったKōki,は途中、音声トラブルでライブが停止してしまう放送事故に見舞われながらも、リンゴをバラの形に成型するなど、時間をかけてデコレーションを施したようだ。

そんな2人の愛が詰まったスイーツの完成品を、工藤は自身のストーリーにてお披露目。《次女作》というコメントとともにアップされた写真には、ケーキの上にリンゴ、そのリンゴ以外はすべてブルーベリーで埋め尽くすという〝母譲り〟の独特なセンスを光らせている。

 

母より継いだDNA…そして伝説に

本人は至ってマジメに奮闘していたものの、ネット上では〝無数のブルーベリー〟に恐怖を感じる人が多かったようで、

《ブルーベリーのブツブツ感が見れば見るほどゾクゾクする》
《Kōki,のケーキ、集合体恐怖症にはキツイやつ》
《正露丸ケーキやん》

などとツッコミの声が続出。また、芸能界随一の独創的な料理人と評される工藤の料理センスを見事に受け継いでいるKōki,に対し、

《これは間違いなく母ちゃんの遺伝子》
《母親の好みに合わせたのか 母親のセンスを受け継いでこんなふうにしか作れないのか》
《母親のセンスを見事に引き継いでるなw》
《おそるべし、DNA》

などと、感心する声も上がっている。

「実はこのブルーベリー、Kōki,がCocomiに、デコレーションどうしようと相談したところ、Cocomiがあしらうように『全部乗せたら?』と提案したことが発端。Kōki,は『ケーキ全体の色合いが暗くなるけど…』と半信半疑な反応をしていましたね。もっとも、ツヤだしのナパージュやミントでも乗せれば、雰囲気も変わったと思います」(芸能ライター)

自身の料理センスをしっかり受け継いでくれた娘たちを見て、工藤の喜びもひとしおだろう。

 

【あわせて読みたい】